×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第5節  「悲恋の天使」


落石で退路を断たれた地下洞窟の中・・
アルとキメラが対峙している・・、接近戦が苦手なアルは焦りの表情を浮かべており
必死によい思案を考えている・・
(先に仕掛けてもこっちが不利だ・・、奴に先に仕掛けさせてその後を狙うしかないな)
そう考えているうちにキメラがすごい早さで特攻してくる。
「う、うわっ!」
これにはアルも意外でありかろうじて刀で防げたが衝撃で壁まで飛ばされてしまった。

動物の目の中でも鳥の目というのは特に思考が読みにくい。
おそらくこのキメラを作った者はそうした意図もはらんで頭部を鷹にしたのだろう・・

「やれやれ、まいったね・・どうも・・」
キースの救助をレイブンに頼んだがいつ来るかはわからない。
それに早く応急処置もしないと助からないかもしれない・・、
時間はかけていられないのだ
「こうなったら・・アレしかないな・・」
一息ついて起き上がり刀を一端鞘に収め呼吸を整える。
必殺技である「霧拍子」を出す時の姿勢だ・・
この技は素早い移動での高速居合斬りで空を断つ荒技。
キメラと対等の早さならば真っ二つに切り裂くことも可能・・
しかし、弓使いのアルにとっては剣術などは
苦手の中の苦手なので成功率は低い。
現に過去成功したのは1度だけだ・・
「はぁぁぁぁ!!未完「霧拍子」・・・!!」
一気に駆けだしキメラに斬りかかる・・
だがキメラにはその攻撃が予想できているのか後ろに下がろうとする・・
しかし・・
「・・・なんちゃってね!!」
刀を抜かずに手に忍ばせておいた短剣を後ろに投げるアル・・フェイントだ。
そのままタックルをし、キメラを少しよろめかした
そして短剣の飛ぶ先にはいつのまにか岩に短弓が巻かれその先に矢が引かれて
紐で固定されていた罠が・・、先ほど壁にぶつかった一瞬、アルが仕掛けたのだろう。
プツッ!
短剣が矢を結んでいた紐を正確に切り、矢は勢いよく発射!
アル自身が壁となってキメラからは見えなかったようで避けることができずに
矢は見事キメラの右目に深く突き刺さった!
「キョォォォォォ!!」
これにはキメラのかなり苦しいようで、動きが鈍くなる・・
「フロス副隊長直伝のトラップだ!そして斬鉄剣「無銘」を改めて!食らえ!!」
絶叫をあげるキメラにアルの渾身の一振りが走る!
鷹の首の付け根を一刀両断、キメラはしばらくあらぬ方向に暴れていたが
やがて静かに倒れていった・・・

・・・・・・・
「キース!大丈夫かい!」
「はい・・なんとか・・」
かすかに返事をする。意識が戻っているのならとりあえずは一安心だ。
「とにかく応急処置だ!じっとしてて」
「わかりました・・、でも・・・苦痛をまぎらわしたいので何か話してくれませんか?」
「話?わかった。何がいいかな?」
道具袋から包帯を取り出しつつアル、
意識がしっかりしてきたキースを見て安堵の表情を浮べる
「そうですね・・、レイブンさんのことなんて・・・どうですか?」
「レイブン、あいつの?」
「なんだか、気を失う前に・・・レイブンさんから女の人が飛び出たので・・」
「ああっ、そっか。普通なら驚くだろうね。彼女は天使なんだ、いや、・・・元天使か」
アルが悲しそうに口を開けた
「元・・天使?」
「ああっ、人間の男に恋をしてね。天界から追放されたんだ。
その男も戦火に巻き込まれて死亡した・・・。
アレスって奴でね、ぬいぐるみを作るのが好きな優しい男だったんだ。
あの羊のぬいぐるみはアレスからもらった物だそうだ。
・・・何もかも失った彼女の・・唯一の宝物だよ」
目をそむけてアルが呟くように言う。
「そうだったんですか・・、レイブンさんがそう言っていたの・・ですか?」
「いいや、彼女はあれで頑固だからね。アレスは僕の・・・・親友だったんだよ。
彼からレイブンのことを色々聞いていてね」
「そうですか・・・・」
「まっ、彼女についてはそんなとこさ。
このことはあんまりあいつに言わない方が良いよ、怒るから。
さっ、これでとりあえず大丈夫だ。
もうすぐレイブンが呼んできたフロス副隊長の救護隊がくるはずだから安静にしてくれよ」
「わかりました・・・、すみません。色々迷惑かけて・・」
「いいよ、それに相手が悪かった。あれは通常の相手とは訳が違うからね。さっ、わかったら
大人しくして、君にもしものことがあったら僕は副隊長に会わせる顔がなくなるよ」
微笑みながらアルが言う、しかし頭の中ではレイブンのことを心配していた。
このキメラを作った主がここにはいないことに嫌な予感を覚えていたからだ・・・


<<back top next>>