×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第4節  「静寂に潜む者」


空家の中は思ったより綺麗に整理されている。しかし
やはり空家なので生活観のかけらもない・・
ホールで再びレイブンが索敵をはじめた・・
「・・・どうだい、レイブン?」
「やはり・・・地下からなにか熱源がありますね」
「そうか、じゃあ注意して調べてみよう・・」
二人は地下に続く通路を探しはじめた・・

・・・・・
・・一通り見まわったけれども何もみつかならなかっので
各自探索を中断してホールに集まった・・
「地下に反応があるのに地下への通路がないだなんて・・、妙だね」
「そうですね、おそらく隠し通路かなにかあるのでしょう」
「あっ!アルさん!!」
突然キースが叫ぶ。
「どうしたの?キース?」
「これを見てください!」
キースが指さしたのはホールの隅にあった大時計だ。
時計の横にはなにやらこすった形跡がある・・
「これは・・?」
「動かせるみたいですね!押します!」
返事を待たずにキースが時計をずらす。そうすると地下に続く階段が現れた。
しかしかなり暗くどのくらいの深さかわからない・・
「ここから地下にいけそうですね。何があるかわかりません、注意してください」
レイブンが二人に注意を促す、キースも緊張の面持ちで階段を降りていく・・・

階段を降りた先は岩肌がむきだしの洞窟で真っ暗だ。
キースが携帯していた松明に火をつけ慎重に奥に進む。
「レイブン、反応はあるかな?」
「はい、通路の先から熱源を感知、だんだん大きくなっていきます・・」
「なるほど、キース、聞いてのとおりだ。気をつけてよ」
「わかりました!」
洞窟なのでキースの声もよく響く、これが裏目にでなければいいが・・・
・・・・・・・
しばらく先に進むと少し開けた場所に出た。行き止まりだ。
頭上にはぽっかりと穴が開いており日の光がわずかだが入ってくる・・
しかしそれだけで動物らしきものは何もない
「何もない・・?」
「レイブン、これは・・・・」
キース、アルの二人は周りを警戒するがやはり何もない・・
「・・・上です!!気をつけて!」
レイブンが珍しく叫んだ、それと同時に上の穴から大きな獣が襲ってきた!
顔は巨大な鷲、身体はライオン、背中には大きな翼を持っている・・合成獣(キメラ)だ
「不意打ち!?くそっ!!」
すぐさまアルが弓をかまえるがキメラのほうが一瞬早かった。
矢をかわしアルの頭上に飛びかかったと思いきやいきなり天井に体当たりした。
その衝撃で岩が崩れアル達の入ってきた通路が埋まってしまった
「退路を断つため?・・思ったより頭脳があるようですね」
「感心している場合じゃないよ!レイブン!こうなったら!」
接近戦での弓の使用はかえって不利になるのでアルは弓を投げ捨て刀を抜く・・
しかし・・!
「うぉぉぉぉぉ!」
「キース!早まるな!」
キースがいきなり斬りかかる、アルが止めようとするが間に合わない。
いくらアルの動作が遅かったとはいえ弓から放たれる矢を避けた化け物なのだ。
クレイモアなんて大剣では到底当たるものではない
「キョォォォォォ!!」
奇声を上げてキースの攻撃を避けるキメラ・・
そして
「ぐぉあ!!」
鋭い爪でキースの胸をざっくり斬った。
「キース!ちっ、レイブン!詰所の副隊長に応援を!!」
「はい」
短く返事をすると羊のぬいぐるみの上に半透明の女性が現れた
長い銀髪で目が澄んだ蒼色・・、憂いの表情を漂われている。
白いドレスを着ており背中には黒い羽根が・・・
これが彼女、堕天使レイブンの本当の姿だ
「この場はまかせました。では」
そう言うとレイブンは崩れたガレキを通りぬけた。彼女はいわば霊体に近いので
物体を通りぬけることができるのだ。
そうしている間にアルは斬鉄剣を振りかざしながらキースの元に走る。
キースは気を失っているがどうやら息はあるようだ。
「ここは僕がなんとかするしかないか・・」
額に汗を流しながらアルが呟く。
キメラは静かにアルを睨んでいた・・・
 


<<back top next>>