×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


カテゴリー『国、騎士団、宗教』

ルザリア騎士団
ハイデルベルク国内でも有数の貿易拠点であるルザリアの守護に就く騎士達。
ハイデルベルク国史上稀に見るほどの若さで団長に就いたタイムを初め異色といえる集団でもある
だがそれに見合う実力を持っており国内屈指の治安良さを維持している
専用のエンブレムを授かり「金色甲冑を纏った赤毛の戦女神」の姿が広く人々に知られている


○クロムウェル=ハット
金髪(短めで後ろにかきあげている) 碧眼
装備 ナックルグローブ『天崩す戦牛の角(スタンピート)』 格闘用黒服 フルオーダーメイドスーツ

エンブレム ライジングブル

技 陽気術『スフィアストライク』
  陽気術『ヴァイタルチャリオッツ』
  雷術『ライトニングブレイカー』
  雷術『サンダーショット』
  雷術『ライトニングボルト・ザ・セイバークラッシュ』
  雷術『ライトニングボルト・ザ・セイバークラッシュ・ファイナルノヴァ』
  合体魔術『フォトンストーム』 
  失われた魔術『ブルーライトニングブレイカー』


戦法 愚直なまでの突進からの乱撃を得意とする。
   遠距離からの攻撃に弱かったが雷の魔法を体得をしそれも克服した
   相手がどんな得物を持っていようが自身の拳でそれに立ち向かう
   幼少時代から何故かツワモノ揃いな実家のメイドさん達に鍛えられただけに我流ながらも
   意外に整った体術を扱う

貿易都市ルザリア領主
元々はルザリア騎士団で特別教官として難事件の解決に動いていたのだが
王の陰謀により領主へと出世した羨ましいようで羨ましくない経緯を持つ男
ガキ大将的な性分であり言動も荒っぽいのだが領主の仕事はきちんとこなし
彼なりに都市を良くしようと行動もしている
それは住民にもわかりやすい形であるために若いながらも彼の事を慕う者も多い
騎士団長であるタイムとは恋仲でしょっちゅうよからぬ事をしている
加えて何故か女運があるようで都市の美女とは肉体的な関係を持つことが多く
そのたびにタイムに半殺しにされているが何とか生きている
尚、教官という肩書きは未だに残っており難事件が起こればその解決に騎士団へ協力をしている

○タイム=ザン=ピョートル
緋髪(片目を前髪で隠している) 褐眼
装備 陽鋭剣『ネェルブライト』 団長用強化板金鎧 特注マント

エンブレム 金色甲冑を纏った赤毛の戦女神

技 ネェルブライト『熱線真空刃』
  騎士団剣術『スティングレイン』

戦法 基本的な騎士剣術をベースにオーソドックスになんでもこなす。
   その中でも刺突攻撃を得意をし至近距離から連続して突きを繰り出す戦法を得意としている

現ルザリア騎士団長。
女性にして騎士団の長になるということは異例であり国内の女性騎士の憧れの的となっている
女性の長はお飾りの要素が強いのだが彼女はそれとは違い実力で今の地位を築いてきた
突発した戦闘能力はないが内政や戦闘などもそつなくこなしその統率力は若者とは思えないほどしっかりとしたもの
その分仕事に対しては厳しくいつも抜かりなく・・を心がけている
厳格な人柄なのだがそれは仕事においてであり、
プライベートでは見事なまでのツンデレっぷりを見せる恋する乙女
色んな経緯はあったもののクロムウェルの事を心の底から愛している
騎士団学校で見習い時に同僚であったセシルの襲撃を受けその後しばらくドップリとディープな同性愛の世界に浸っていた
そのために性に関することはかなり弱く敏感な体になってしまったという
そしてその経験が原因であり正体不明なフェロモンを出しているらしく、
同性から熱っぽい目で見られる事が多い
クールな女性を心がけていたのだが最近ではそれも保てなくなっているようで
感情の起伏が激しい一面も見せている

○スクイード=キャンベル
黒髪 黒眼
装備 斧槍『旋空』 量産型騎士鎧 支給マント

技 突撃戦法『ブーストスティン』

戦法 とにかく雄々しく突っ込む。クロムウェルから見ればそれはただの死にたがり戦法と茶化されるのだが本人は後方の援護を
   信用しておりそれがあるからこそ自分は突っ込むのだと豪語している

ルザリア騎士団テント群担当室長である若手騎士。
クロムウェルとは喧嘩しておりいつも負けているかわいそうな人
民を守るという職に強い使命感と元々強烈な熱血感で仕事に取り掛かっておりバリバリ仕事をこなしている
だがその暑苦しい熱血さに煙たがる人もちらほらと・・。
さらにはクロムウェルから「阻害騎士」と言われて以来その肩書きが有名になっている
それでも中には彼を尊敬する人もおり実際に騎士団の中でも大変なテント群を任されている
その成果は上々であり代表としての確かな能力を持つ事を証明して見せている
クロムウェルの策謀から白狐人のシトゥラと同棲をする事になり
そこから特別な関係へと発展する
しかし彼女と結ばれるためには白狐族の男衆を打ち負かさないといけないために
日々訓練を続けているらしい


○シトゥラ
白髪 緋眼
装備 骨剣『骸』 白狐衣

エンブレム 雪に白狐

技 幻術『鬼火』
  幻術『陽炎』
  幻術『幻鏡砕壁』
  幻術『幻炎方陣』

戦法 スピード勝負で二本の骨を加工した剣を鮮やかに扱う。また幻術を操り相手を翻弄したり防御としても活用している
   防具らしいものが全くと言って良いほどない故にこの幻術による防御が生命線となっているが本人はあくまで
   「避ける戦い」を基本としており、現に騎士団内で彼女に敵う人間はタイムぐらいとなっている

ルザリア騎士団テント群担当に所属する騎士。
ハイデルベルク、ダンケルクの国境付近に存在する永久凍土の山「アブソリュート」に
暮らしている白狐族の女戦士で一族の中でも1,2を争うほどの実力を持つ。
クロムウェル達と出会った事により下界に興味を持ち族長の承認を得てルザリアでの暮らしを始める。
そしてスクイードの部屋に居候として彼と関わっているうちに妙な関係が成立し
そのまま騎士団職に積極的に協力するようになった
本来ならば騎士ではないのだが特例として騎士職に加わることを認められており
今やルザリア騎士団の中核に位置するほどになった実力者で彼女に適うのはクロムウェルかタイムぐらいと言われている
過酷な環境での生活をしている部族のために子供を作るという事に
至極積極的な環境に育っており性に関して積極的、発情期には遠慮なくスクイードを襲うほどである
また白狐族の女性は成人の儀式として子を産む風習があるために男を悦ばす術は熟知している
彼女も戦士でありながら一族繁栄のために数人の子を出産しているが
夫婦という概念がなく一族全員で愛でて育てるためにどれが自分が産んだ子かもわからないらしい
遠慮なくズバっという物言いなために裏表がなく誰からも親しまれるが
人前で平気で卑猥な話をするために特に男性に人気があるとか・・・
スクイードと暮らしていく中で彼を特別な男性として意識するようになり
近頃では彼の子を産みたいと思っている・・らしい


○キース=ラクレイン
緋髪 緋眼
装備 特殊銃剣『ガンブレード』 革製カスタム鎧

技 ガンブレード『魔弾』
  ガンブレード『リミット解除超魔弾』
剣術『真空刃』
  防御障壁『領域』
  身体強化術
 
戦法 基本的にはドンドン攻めるタイプ。
   しかしスクイードとは違いピンポイントで相手を撃破することを目的としており攻撃の精度は高い。
   加えて身体強化術による特攻速度の上昇、特殊な小型の魔法障壁を体の周りに具現化し相手の迎撃を
   一時的に無効とする『領域』なども体得しより攻撃の精度を上げている
   かつての得物であるクレイモアが破損して以来、ガンブレードを扱いだし
   それによる射撃や真空刃などで遠距離の攻撃をも対応するようになった

ルザリア騎士団テント群担当課に所属する騎士。
元はローエンハイツの騎士だったが団長であるフロスティの計らいでルザリアに転属した
非常に真面目な性格でいつも訓練ばかりしている。
一方的にスクイードからライバル視されているのだが本人もまんざらではないようで
二人の戦闘は騎士団の訓練での名物ともなっている
元は国より認められなかった形だけの騎士である「傭兵騎士」だった故に通常の騎士装備には馴染めず、
かねてから愛用している軽量の革鎧を持参している
同じくルザリアに転属になったカチューチャとは恋仲であるがそのようなそぶりは余り見せていない
その事で彼女は不満があるのだが彼は彼なりにカチューシャを大切に思っている
またローエンハイツ騎士団にいる紅一点のイグニスとは良きライバルであったがルザリア転属以来手合わせをしてないが故に
彼女に追い抜かれないがために訓練を積み重ねている
徐々に増えるテント群担当課の中でも自分という物をきちんと把握しており
やるべき事を見据えている出来る男


○カチューシャ=ラクレイン(本来ならばヴァーゲンシュタインなのだが本人が勝手に改名)
金髪 碧眼
装備 鋼串 ルザリア騎士制服

技 忍術『五月雨』
  忍術『分け身』
  忍術『不動縛帯』
  忍術『曼珠沙華』
 
戦法 蹴りを主体とした体術を得意とし相棒であるキースとのコンビネーションには定評がある。
   その代わりに拳を振るうことは少なく得物である鋼の串の投げに活用しているのがもっぱら。
   以前は喧嘩殺法で騎士の欠片も感じさせない戦い方をしていたがふとしたことから忍術を学び少しは様になってきている

ルザリア騎士団テント群担当課に所属する騎士。
クロムウェルの義理の妹にあたり元々は騎士ではなかった。
それがキースと出会い彼の傍にいたいということで無理やりローエンハイツ騎士団に押し入った経歴を持つ
身のこなしには定評があり特例で従騎士となったのだがルザリア転属の際に
ドタバタあった隙に騎士としての扱いを受けるようになった
騎士学校に入ったりと本来の騎士教育はさっぱりで素行は余りよろしくないが現場での活躍があり事実上の黙認状態
ルザリア騎士団にはこうした規格外が三人もいて、それもハイデルベルク総団長の特例として認められている
兄に似たのかハチャメチャな性格で兄が女好きに対して彼女は筋肉マニア。
男の筋繊維に異常に興奮するという少し危ない女の子
とある一件以来キースとは恋仲である状態だが自分主体で中々リードしてくれないのが悩みの種
またヴァーゲンシュタイン家のメイドであるアイヴォリーを師として体術を学んでいるために
足技には定評がある

因みに現在は”ラクレイン”と名乗っているが籍を入れたわけではい


○ニクス=フライム
金髪 碧眼
装備 リーダーロングソード『フライム』 ルザリア騎士制服

戦法 オーソドックスな剣技を習得しており女性ながらも腕前は中々のモノ
   しかし直接的な戦闘よりも距離を置き周りの統制を行う事こそ彼女の持ち味である

ルザリア騎士団テント群担当課に所属する女騎士
曲者揃いのテント群担当課において数少ない正規の騎士。
ルザリア出身の貴族でありルザリア騎士団に憧れを持っていたが故に勘当を受けてまでも騎士になった。
清楚という言葉がよく似合い、人当たりも良く判断力も良い
そのために小隊長としての資質を十分に兼ね備えていると判断されており緊急時の決定権まで持っている
ひょんな事からマーロウの相方となっており何気に息があった連携を取れるようにしており
互いに未熟ながらも欠点らしい欠点のないバランスの取れた戦闘ができる
クロムウェルから「最後の希望」と呼ばれているのだがその意味は本人は理解していない

○マーロウ=ザン=ベネディクト
黒髪 黒眼
装備 ハンドハルバート『ベネディクト』 ルザリア騎士制服

戦法 ニクスとの連携にて猪突猛進ながらも意味のある突進を行う
   また、意外にタフであり荒っぽい戦い方をしているものの気迫は十分ある

ルザリア騎士団テント群担当課に所属する騎士
元はハイデルベルク東部の貴族でありタイムをモノにしようとルザリア騎士団に配属した経緯を持つ
その結果はクロムウェルにより無惨に失敗、
それ以降は騎士職に対して見直すようになりその職務に命をかける決意をする
道楽息子だったが故に身体能力はルザリア騎士団で最下位なのだがそれでもクロムウェルのしごきに耐えられるだけの
根性があり、ニクスの指示もあってか意外と戦果を残している
得物はかつてはハンドソードであったが彼のスタイルを考慮して小型の斧槍に変更されている
特異な武器ではあるのだが彼のスタイルに合っており安定した戦闘を行うようになった
尚、武器名は制作者から使い手に任されたのだが特に考える事なくニクスと同じく自分の名にしたらしい

○アンジェリカ=メールキャデラック
オレンジ色の髪(ウェーブ) 碧眼
装備 アルマティ製黒鍔広帽子 魔女のドレス 魔導書『フィンバイブル』

エンブレム 魔女帽子を被ったミミック本

術 風術『疾空』
  風術『テンペスト』
  我流風術『グランプレス』
  我流風術『グランプレス・スペシャル』

戦法 風の術のエキスパートなだけに距離を開けての魔法戦を得意としている。しかし派手な術を好まず地味ながらも効果的なモノを
   好み自身で開発した風圧を操る術で相手の動きを封じたり宙に浮かせてから地面に叩きつけたりと応用を利かせている
   又、自動的に発動し術者の援護をする魔導書を持ち魔法の使用頻度を高めている


貿易都市ルザリアの領主助役
元ルザリア騎士団の魔術教官でありクロムウェルが領主になるのを機に助役へとなった
魔術に関してはブランドとしてその技術の高さが知られている魔術都市アルマティで講師として
暮らしていただけにかなり優秀な術師でありルザリア騎士団の魔術レベルをかなり向上させた
知的で落ち着いた性格で団員の相談などにも良く聞く良い人なのだが実際はかなり悪戯好き。
特にクロムウェルを困らせるのが好きなようであり肉体関係を迫る事も多々ある
一応、クロムウェルに対しても恋心を持っているのだが彼にはタイムという存在がすでにおり
彼女自身タイムの事が気に入っているので遊びで割り切っている
加えて本命としてルザリアに住む名医クライブと交際をしている
こちらはその事実はほとんど知られておらず、クライブは名医としてあちこち飛び回っているために目撃談もほとんどない
しかし気持ちはきちんと通じ合っており人知れずに絆は深いものになっていっているらしい
因みにタイム、シトゥラ、アンジェリカはルザリア騎士団の三大美人と称されて男性騎士から熱い眼差しを浴びている

○フィート=オーキシン
紫髪(ラーメン) 碧眼
装備 魔杖『天魔』 アルマティ特製魔術師フード

エンブレム 宝杖を持つ風妖精

術 風術『狂風』
  風術『アルティメット・ノヴァ』
  我流風術『ウィリーウィリー』
  精霊風術『ストームブリンガー』
  精霊風術『エクスカリバー』
  精霊風術『グランディスカリバー』
  精霊風術『シルフィスティア・ラッシュ』
  禁呪『ノヴァ・インフェルン』

戦法 風の術のエキスパート、アンジェリカとは対照的にガンガン風の術を放つことを得意としており自分で開発した術
   『ウィリーウィリー』は最大で町一つ覆い尽すほどの規模をもつ竜巻を発生させる
   だがその本領は風の皇女と呼ばれる精霊『シルフィスティア』の加護を得ることでその状態では無類の強さを誇る


貿易都市ルザリアの領主助役
クロムウェルの相棒にて何でも屋の頃から行動を共にしてきた少年
魔術都市アルマティ出身でその中でも最高峰と称される『法王』の称号を持つ凄腕の魔法少年であり
凄まじい実力を持っている
しかし半分世捨て人のような生活をしておりクロムウェルが騎士団に協力するようになってからも
一人で冒険者として仕事をしていた
だがクロムウェルが領主になる時に助役としてスカウトの話が持ち上がり、
恋人のエネのためをも思って助役職を引き受ける
魔術を学んでいたために政治学はお手の物であり、その手腕は優秀極まりなくまた手段を選ばない
アンジェリカとは犬猿の仲なのだが仕事は仕事と割り切っているために協力する場面も多い


○ミレーユ=フール

薄碧髪 蒼眼

大弓『イーヴァルティ』

戦法 長距離からの狙撃を得意としており大弓から強烈な一矢を見舞う。
   連射ができないために一発勝負となるのだがその精度は非常に高く威力も並の弓矢とは
   比べものにならないほどである

ルザリア議会テント群代表
着ている物は質素な物だが、身のこなしに品があり謎めいている美女
年齢不詳で長い薄碧色の髪をサイドポニーテールにしており瞳は蒼と不思議な印象を与える
物腰穏やかな雰囲気で相手の質問をはぐらかすのが趣味、
相当高い知識を持っているのだがそれを表に出そうとはしない
過去の一件からクロムウェルに協力するようになりテント群代表の議員として活動をしている
その手腕は見事なものでありクロムウェルにとっては心強い味方
あっけらんととんでもない事を言ってのけ、
どこまでが本当でどこまでが冗談なのかわからない人なのだが言う事の的はついている
見た目は非戦闘員なのだが自宅には身長大の大弓が置かれている
元々は一流の弓士として名を馳せており『月射』の異名を持つスナイパーであった
髪を下ろしたクロムウェルが亡き夫にそっくり故に髪を下ろした彼の事を「旦那様」と言う



○アイヴィス=カミュ
黒髪 黒眼
装備 錬金ハンマー 

シグマの娘、寡黙な父とおしとやかな母の間から生まれたとは思えないほど
活発な性格で露出の高い服装を好んでいる
ボサボサの髪でおおよそ女の子らしくなくシグマも少しは女の子らしくしろと注意するほどなのだが
本人は聞く耳を持っていない
しかし父を尊敬し母を愛しており仲のいい親子だといえる
父の仕事の斧を作った事をきっかけに鍛冶師を目指しハイデルベルク国で活躍している
鍛冶師リュート=ボーマンを一方的にライバル視している
本格的に独り立ちをしたいという事で数日間にも及ぶ家族会議の結果、承認
しかしそのための資金援助は一切せずに裸一貫からの出発という事になる
だが、シグマも何の考えもなく放り出すのではなく領主となったクロムウェルに願い出てルザリアのテント群で生活する


○ベイト=ブッシュ
白髪 緋眼

港街ローエンハイツに構えていたヴァーゲンシュタイン家に仕えていたメイド
その中でもメイド長として家事を取り仕切っていた
だがヴァーゲンシュタイン家没落と同時に職を失ったところをカチュアとクロムウェルに助けてもらい
他の面々とともにルザリア騎士団屋敷の専属メイドさんとして暮らすことになった
関節技、投げ技のスペシャリストでその腕前は未だ健在、『触れらば折られる』と恐れられている
昔は他家に仕えていたのだがローエンハイツで行われた『天下一メイド武道会』に参加した事がきっかけで
他の面々と戦い、再戦を誓いながらヴァーゲンシュタイン家に仕えるようになった
クロムウェルとカチュアの教育係として他の面々よりも二人との絆が深い

○アイヴォリー=ミッテンマイヤー
金髪 碧眼

港街ローエンハイツに構えていたヴァーゲンシュタイン家に仕えていたメイド
庭の手入れを担当していた巻き毛メイドさん。
ベイトと同じく元々は他家に仕えていた後にヴァーゲンシュタイン家に仕えるようになったメイドであり
蹴り技の達人、足のみで戦う事を信条としており拳のみで戦う事を信条としているジョアンナとはライバルで
その戦いは名試合として語り継がれている
以前勤めていた家は気位が高いところであったがために彼女もやや高飛車なところがあったが
歳を重ねて少し丸くなったと周りは言っている
因みにカチュアの足技の師でもありカチュアにとっては憧れの存在でもある

○ジョアンナ=チャン 
黒髪 黒眼

港街ローエンハイツに構えていたヴァーゲンシュタイン家に仕えていたメイド
掃除やベットメイキングを担当していたオカッパ頭メイドさん
ベイトと同じく元々は他家に仕えていた後にヴァーゲンシュタイン家に仕えるようになったメイドであり
ボクシングの達人、鋭い身のこなしと一撃必殺の拳で敵を叩きのめす事を信条としておりアイヴォリーとはライバル
リーチの長い足技の数々を回避し懐に踏み込むその動きは芸術とまで言われたプロ
人懐っこく良く買出しに出ているためにヴァーゲンシュタイン家の良い噂はほとんど彼女から出回ったような物
クロムウェル、カチュアの基礎体力育成にも力を入れていたので
二人にとってはシゴキの師匠となる

○ミーシャ=グランデ 
蒼髪 碧眼

港街ローエンハイツに構えていたヴァーゲンシュタイン家に仕えていたメイド
料理を担当していた流し髪のメイドさん
素早い踏み込みから手足を巧みに使ったコンビネーションが得意で華麗な連撃は『舞』とまで表現される連撃のプロ
大人しく女性でおおよそ戦いが得意とは思わないが意外に好戦的、だがアイヴォリーとジョアンナの仲裁役と回る事が多かった
一撃の威力は低いものの多種多様な攻撃を放つために一度食いつかれたら中々ペースを取り戻せなく
その知識をクロムウェルに伝授していた
実は東国の『闇手闘舞』と言われる暗殺術の継承者でありその過去は不明な部分も多く
自ら語ろうとはしない

○ラムダ=ハット 
金髪 碧眼

クロムウェルの母親にして代々ヴァーゲンシュタイン家に仕えていたメイド
元々弱かった体を克服するために気功術を学びそれを生かした護身術を得意としていた
それが原因で街で行われる『天下一メイド武道会』に出場するものの並み居る強豪を打ち破り優勝へと輝いた事もある
当主の気の迷いで肉体の関係を持ってしまいクロムウェルを身ごもってから環境は一変する
本妻からの執拗な攻めと自分が拒否しなかったがために家がおかしくなったという自虐の念が
いつしか彼女の体を壊しクロムウェルを残し他界してしまう
そのためクロムウェルには母親の記憶がほとんど残ってはいない



ニース村騎士団
ハイデルベルク国内の東部に位置する森林内にポツンとある小さな村。
森林内は魔物が多くかつては寂れていたのだが現在のニース村自衛団が誕生すると魔物の数も減ってきて
その自然豊かな環境に移住する者も増えてきた
その功績が認められて晴れて騎士団に昇格し少数ながらも活躍する様は「森林の騎士団」と呼ばれ
注目を集めている。
エンブレムは「彗星弓」

○アルフォード=マルタ
碧髪 碧眼
装備 魔弓『カストロススター』 戦闘用革鎧 パタ『アヴァランチ』

エンブレム ヘタレの三文字

技 我流剣術『霧拍子』
  カストロススター『紅の魔弾』
  カストロススター『炎龍の牙』
  覚醒我流剣術『完全霧拍子』

戦法 弓により遠距離攻撃を得意としており絶妙な間合いと必殺にして必中ともいえる弓の腕を見せる。
   また接近戦をも相当しかつて習わされた体術や篭手に刃を仕込んだ『パタ』という武器を手に状況に応じて接近をもする
   切り札として相棒であるレイブンと一時的に融合し天上人と化することで強力な力を発揮する

ニース村騎士団団長。
人とエルフのハーフで薄くエルフの血が流れている。
そのため外見では全く判断ができないが身体能力には特化してある
元傭兵公社出身でエリートな傭兵なのだが外見ではそれが想像できないほどの優男。
弓の腕には定評がありかつてニース村に滞在していたことをきっかけに自衛団に協力した。
天使を人に変えるという途方のない旅をしそれを見事に果たすなどその意思は強く
長という責任がある職にも真っ向から立ち向かい村民からの信頼も厚い
弓や体術、さらには統率力なども兼ね備えている有能な人物なのだが極度の方向音痴、さらには恋愛事にはかなり疎く
自衛団員の女性二人から言い寄られているのにうまく解決できておらず一部では「甲斐性なし」とも言われている
因みに酒癖がかなり悪く本人もそれを自覚して酒を口にしないのだが酔ったらかなり強気になり
恋人候補二人を襲い掛かる。そのため、彼女達の中では夜の晩酌は欲求不満時に重宝しているんだとか・・

○レイブン
黒銀髪 碧眼
装備 ショートソード『グラディウス』 軽量バックラー シルクのドレス 

術 守護神聖魔法『送る鐘の音』
  守護神聖魔法『天人融合』
  神聖剣術『破邪真空刃』

戦法 名を馳せていた剣士ゆえにバックラーと短めのグラディスを使った剣術を得意とする。体得した術や技は主に対悪魔用として
   習ったものゆえに人や魔物に対しては特攻がなく通常戦闘では自身の華麗なる剣術のみで戦う
   しかし強敵の前では自分から前に出ずに融合術である『天人融合』を使用とアルに力を与える
   融合した状態では彼のサポートに回り自分の剣の知恵を彼に共有させたり魔法を展開させたりしている

ニース村騎士団に所属する女剣士。
元は天使としてこの世とは違う世界の住人であったが悪魔の掃討の任でこの世界に舞い降りた時に出会った
人間と恋に落ちその半生を捨てて人の世に降り立った経歴を持つ。
結局その恋は悲しき結末を迎え肉体や想いを全て失ってしまったがアルと出会い人として覚醒する。
その後は彼の事を慕いニース村自衛団に身を寄せて剣を振っている
元天使であり天上の戦闘組織「ワルキューレ」に所属していた一流の剣士でありかつては限られた者にしか扱う事を許されない
神聖剣の一つ『エデン』を授けられたほどの腕前。
現在の戦闘スタイルは元々の彼女のモノとは違い二本組みの剣を扱うスタイルこそが彼女の本来の姿である
知的そのもので常に状況を把握するクレバーな女性、清楚な感が漂うのだがアルに夜這いを慣行するなど
意外な一面を持ち合わせている

○マリー=クラディス
黒髪 黒眼
装備 布のバンダナ ショートソード×2  呪詛剣『叡智』 革の鎧

戦法 目立った特長がない我流剣術の使い手で素早い動きを活かした戦いを得意としている。
   突発した戦闘能力はないがどんな悪路でも対応し特に森林など
   木々が生い茂った地形ではその特性を利用して縦横無尽に駆け回る
   
ニース村騎士団に所属する女軽戦士。
アル達よりも前から自衛団に所属しており面々の中では唯一のニース村出身者
かつては二人で村を守っていたが親代わりの戦士を亡くしてしまいそれ以降は一人で村を守ってきた
そこにアル達が力を貸してくれて新生自衛団の立ち上げとなり現在に至っている
活発な女性でアルに好意を寄せている・・
しかし、アルは全くの野暮天で加えてレイブンという強力なライバルもいるので中々に大変な状況となっている
だが彼女自身レイブンと仲が悪いわけではなく寧ろ良き話し相手となっている
二人の女性が一人の男性を愛するということには色々と障害が生じるものなのだが二人はいがみ合うことはなく
後はアルの心一つのはずなのだがそれがうまくいかないようだ
サブノックの提案により異国の呪詛剣『叡智』を扱うようになり戦闘能力は飛躍的に上昇しているのだが
飛翔する刃と手に持つ刃を同時に操るには彼女は未だ未熟であり援護主体として落ち着いている

○サブノック=エルモア
黒髪 赤黒三白眼
装備 斬馬刀『悪滅』 漆黒戦闘軍服

技 魔体術『サブノックアタック』
  魔体術『悪魔光線』
  聖魔体術『光闇掌』
  聖魔体術『真・光闇掌』
  ゼンキ流剣術『一刀両断』

戦法 悪魔という独特な性質を持ち強靭な肉体と漆黒の翼を活かした乱打戦を得意とする。
   また超高温の熱線『悪魔光線』や雷の召還など肉弾戦以外でのヴァリエーションも豊富。
   とある一件から老剣士ゼンキの魂とその剣を引き継ぎ強力な剣技も発揮するようになった
   一刀にて全てを断つ必殺の剣と隙のない体術は非常に強力であるが
   技名をその時の気分でコロコロ変わったりしている一面もあり自分の戦いに酔っている部分もある

ニース村騎士団に所属する聖魔。
現役の悪魔であるがその行為を称えて聖魔と言われている。
残虐な闘士が多い悪魔の中で変人と思われるほどの正義漢。
人界に降り立った時に見つけたとある老騎士の影響であり今でのその人物を尊敬している
本来は鎧のような漆黒の皮膚と竜翼を持ったまがまがしき姿なのだが太陽の光に弱く普段は犬の格好をしていた。
そこをとある一件で人の姿に変身できるようになり現在の悪人のような渋みを帯びた男性となった
訓練馬鹿と正義馬鹿でアルと出会ってからはレイブンの人化の手助けなどもする良い人でもある。
ニース村からは聖魔として崇められているが妻のセリアには頭が上がらなく
一人娘のラミアには正義魂を余すことなく注入するという親馬鹿ぶりを見せている

○ネオサブノック
装備 斬魔大刀『悪鬼滅裂』

技 魔体術『スパイラル悪魔光線』
  魔体術『サブノックランページ』
  魔剣技『天地慟哭』
  魔剣技『慟哭怨衝』 
  奥義『天地両断』

聖魔サブノックが魔神剣アラストルの破片の力を借りて変身した姿
その姿は正しく黒い武神、鋭い双眼は紅く輝き全身は黒い鎧のような皮膚をしており血管のように紅い紋章が浮き上がっている
龍翼はさらに巨大化して亜高速の飛行を可能とする
得物である『悪滅』もその魔力の影響を受け、刀身が巨大化、血管が浮き出ており唾には眼球のような模様が浮かびあがる魔剣と化している。
切っ先も扇状になり斬撃中心な凶器と化している
全てにおいて破壊神に近い能力を持っているが常に力が暴走しかかっているため彼が力の制御を出来る時間は限られており
この形態で長時間いられることはできない

○ラミア=エルモア
黒髪 黒眼
装備 槍棍暗器『霞鉾』 革鎧『正義』

技 魔体術『悪魔光線』
  サブノック流体術
  カストロス式護身棒術

戦法 長いヌンチャクに刃を仕込んだような特殊な暗器『霞鉾』を巧みに扱い間合いを考えた戦いをする。
   それ以外にも抜群の体術の才能を見せ幼くして一人の戦士として恥じない力をもっている

聖魔サブノックの愛娘、
母親であるセリアの腹の中にいた時から始まった正義胎教のおかげが父に負けないほどの正義魂を持つ少女
まだ幼いのだがすでに専用の黒い革鎧まで買ってもらっている。
しかし戦闘のセンスはピカ一で常人でも使いづらい暗器をうまく扱いこなしている
感受性が豊かで戦い以外のことでは何にでも興味を示し素直で表情豊か。
しかし悪魔の血は確実に流れており背中にはその証でもある
漆黒の翼がついている(まだ小鳥の翼にも満たない小さなものだが・・)
しっかりとして大人びているところがあるのだが寝ている最中に母親の胸にしゃぶりつく癖を持っておりそれが未だ治らずにいる。
悪魔の血が流れているためにその成長は早い。
これは生存競争の激しい環境での生存率を高めるために早く成人させるための本能である
そのため、最近は性に目覚めつつあり兄貴分のタナトスに熱っぽい眼差しを投げかけることも増えてきた


○セリア=エルモア
黒髪 黒眼
装備 護身棒 町娘ドレス

聖魔サブノックの妻。
元々はハイデルベルクの人間ではなく地方の城塞都市にて酒場の看板をしていた
その時に強姦に襲われそうになったところをサブノックに助けてもらい彼に一目惚れ・・のような形になった
その後サブノックが悪魔だということで都市の人間に迫害を受けた事を機に城塞都市からの決別を覚悟し
アルの勧めに従いニース村へと赴いた
サブノックの精を受けてきたので体が変異し半悪魔のような力を得た。
それにて自衛の仕事にも就けるかと考えていた矢先にラミアを身篭り出産、
それを機に彼女の力は失って再び普通の女性と同じになった
ゴシップ大好きでたとえ遠方の有名人でも興味があるなら徹底的に情報を仕入れたりしている情報通、
さらには遅遅として関係が進まないアルとレイブン、マリーの仲を手助けしたりと世話好きな一面も持っている
現在はニース村騎士団の事務を手伝いつつ娘の夫と娘と幸せに暮らしている・・のだが隠れ獣姦好きだったり・・

○タナトス=ガリアン
緋髪 緋眼
装備 紅宝珠の杖 アルマティ製魔術バンド 紅の戦闘法衣

術 炎術『ガーネットブラスター』
  炎術『紅の回廊』
  炎術『紅蓮朱雀』

戦法 体術と熱線を放つ炎術『ガーネットブラスター』を主体に魔術師にもかかわらず接近戦を得意としている
   猪突猛進かと思いきやトラップ型の炎術『紅の回廊』を使用もし、臨機応変に戦える

ニース村騎士団に所属する魔術師。面々の中では新入りでかつては魔術都市アルマティの学生だった
しかし魔術の奥底にある黒い部分や、それに群がるアカデミーの醜き姿に嫌気がさしもっと別の扱い方があるはずと自ら都市を後にした
その後、とある一件にて聖魔サブノックと出会い彼を師と慕いそのままニース村に暮らすことになった
面々の中で唯一の魔術師で戦闘に対するサポートは心強い。
ラミアとは良い仲で彼女の良い兄貴となっており本人も彼女の事を妹として慕っている
サブノックと同調するだけにかなりの正義感でサブノック、ラミア、タナトスの三人の熱血馬鹿はもはやニース村名物となっている
純な性格で戦うおねーさんに少し弱い



ローエンハイツ騎士団
ハイデルベルク国内でも屈指の貿易港都市であるローエンハイツの守りについている騎士団。
元は小さな港町でその頃からは規模の大きい自衛団「傭兵騎士団」でしかなかったのだが
その活躍によりローエンハイツが安全で港であることを他国に知らしめると
町は一転して急成長を遂げて行った
港という特殊な環境は他国からの危険物の密輸などが横行しがちで
それに巻きこまれる故安全が求められるのだがこの騎士団はそれを見事に果たし
ハイデルベルク王から特別扱いとして正式にハイデルベルク騎士団の傘下に加わった
「剣を掴む隼と鎌を持つ烏」のエンブレムを持つ

○フロスティ=テンペスト
銀髪 碧眼
装備 騎士団長の法衣 特注金剛棍

ローエンハイツ騎士団団長。
その正体はかつて傭兵公社でその名を轟かせていた『不死身の13部隊』に所属していた名軍師。
傭兵公社崩壊後に新たに居場所を探しその肩書きを隠しローエンハイツに流れ着いた
元々は一部の貴族の避暑地としての意味合いが強かった港町を有名な拠点まで発展させた立役者で彼の事を慕う人間も多い
しかし、型破りな方法を取るために同じハイデルベルク騎士団からは快く思っていない人間もちらほらいるらしい
冷静沈着な性格で常に一歩先を読んでいる。
しかし以前に13部隊にいたことから柔軟性もあり有能な人材を自分の騎士団に招くなどの行動にも意欲を示している
騎士団の影となり動いてくれているジャンヌとは夫婦でありそれは騎士団内でしか知られていない
そろそろ彼女との子が欲しいと考えているのだが日頃の激務もあり今のところは見合わせているようだ

○ジャンヌ
金髪 碧眼
装備 目的別短剣セット 忍レオタード 騎士制服

ローエンハイツの影の団長。
かつては軍国グラディウスにて盗賊団の女頭として色々と悪事を行ってきた。
しかし当時の13部隊に掃討された後には考え方を改めその恩を返すために彼らの危機を助けた経歴を持つ
その時にフロスティと出会い激しくも周りに悟られなく愛し合った
公社崩壊後にフロスティと一時的に別れを迎えたが彼がローエンハイツにて騎士団を設立すると
盗賊団ごと招かれ騎士団の影として情報収集に当たることになった
グラディウスの復興にて行き場をなくなったジャンヌ盗賊団の全員はその申し出を喜んで受けジャンヌもようやく最愛の男と結ばれる
以後は強面な手下を操り簡単な揉め事や不審船の捜査、
さらには街の入り口に常に数人配置して監視するなどなくてはならない存在となった
正式な騎士団となった現在もあくまで裏の存在を貫き騎士団以外の人間との接触はほとんどない
彼女の部下もそれに従い騎士制服を着込むことなく仕事に励んでいる
性格は高飛車でやや傲慢だが思いやりがあり部下への愛情を忘れない。
「頭」と呼ばれていたのだが最近では騎士団全員から「姉御」と呼ばれ慕われている

○グレン=レーゼルフォン
金髪 碧眼
装備 フランシスカ『スティールブレイカー』 カスタムブレード ローエンハイツ使用板金胸鎧

戦法 投擲可能なフランシスカを扱い牽制や一撃勝負の際の強みとして使用している。
   フランシスカでの攻撃も斧とは思えない鋭さを見せるが
   軽量化とやや短めに鍛えたブレードこそが本命。癖のある戦いをするが総合的には安定している

ローエンハイツ騎士団副団長。
フロスティと同じく傭兵公社出身の傭兵で騎士にしては扱い方が難しい斧を愛用している
フロスティの誘いを受け騎士団に参加し初期から彼の右腕として戦ってきた。
それゆえにかなりの若さで副団長という地位についている
しかし本人はそれを気にすることなくむしろ自分の時間が割かれていることに少し嫌がっている
傭兵上がりなだけに堅苦しいことは好まず事務が終わればすぐさま現場に向かうほど・・。
明るく人望もあるのだが結構な博打好きで暇があれば娯楽都市までわざわざ足を運んでいる
そこで身分を隠して訪れていたブレイブハーツのジャスティンと出会い良い博打仲間となっている
今でも二人はタイマンで博打勝負をしその熱気は語り草になっているらしい
紅一点のイグニスとはコンビを組む事が多く訓練熱心な彼女の相手をしてやっている
だが余りにも熱心であるがために休日にまで押しかけており本人は少し迷惑がっている
それを解決するために訓練の勝敗で賭けをし負けたら服を一枚ずつ脱いでいくという賭けを行っている
・・因みに今まで彼が全勝、イグニスもある程度脱いだら恥ずかしくなって退却するので
この路線で行こうと何気に決めていたりもする

○イグニス=ファトゥス
黒髪 褐眼
装備 シミター『クレスケンス・ルナ』 カスタム革鎧 軽金篭手

戦法 極力重みのある装備をせずに相手の懐に飛び込み強力な一撃を見舞う高速戦闘を得意としている。
   背の低さとその身のこなしのおかげである程度近づかれたらそれを引き離すのは厄介。
   しかし女性な分力の無さはいなめなく極力打ち合いを避けている

ローエンハイツ騎士団に所属する女剣士。
かつては傭兵稼業で各地を点々としていたのだがとある一件で心と体に深い傷を負ったところを
フロスティに助けられそのまま騎士団にスカウトされた。
褐色肌と少し背の低いのが特徴で独特な雰囲気を出している
訓練が好きな真面目性格でやや特異なローエンハイツ騎士団の面々とは少し合わないらしい。
しかしその腕は誰もが認めており重要な事件の際にはシンガリを務めるとこすらある
現在ルザリア騎士団に所属しているキースとは互いに認め合った仲で互いを鍛えあっていた。
しかしキースがルザリアに行ったことで彼の実力がわからなくなってしまいそれ以降は一層精進をしている
その相手がグレンでありよく任務もペアになっている。
一通り街の騒ぎが収まった現在では二人で特殊な任務につくことが多い
彼とは上司と部下の関係なのだが毎回彼に訓練を挑み、負け、服を脱がされていくうちに妙な感覚に囚われて
自分の気持ちがわからなくなりたまに自己嫌悪に陥っている
左の手に篭手に剣を装着させた特殊なシミター『クレスケンス・ルナ』を装着し
右には防御用の軽金篭手を装備するスタイルを取る

ハイデルベルク
大国ハイデルベルク、国土の規模が大きくその守りを担うのは大変とされているが
ブレイブハーツやルザリア騎士団、ローエンハイツ騎士団のみではなくハイデルベルク正騎士の努力も
あってなりたっている

○カーディナル=ハイデルベルクY世
金髪 碧眼
装備 宝剣『白狼刃』 王法衣

技 宮廷剣術

現ハイデルベルク国王。短い金髪と立派な顎鬚が特徴で威風堂々とした態度で接している
厳格な性格と知られているのだが実に技量が広く多少の無作法などは笑い飛ばすほど。
しかし裏では街へと繰り出しラーメンと麦酒を食べることが楽しみとなっており身分を隠して城下町を徘徊している
政界に意見を出すようになってきた貴族を何とか押さえ込もうと職務は真剣そのもので裏でも貴族の不正への監視を強化している
また、国土が広い故にその統制は取れ切れているとはいえず王都から離れると治安はいいとは言い切れない
そこで王は実力があり理解度の高いルザリア騎士団や顔見知りである冒険者チーム「ユトレヒト隊」へ極秘裏に依頼をしている
中年さんで狙われやすい存在なのだが宮廷剣術を学んでおり相当の腕を持たなければ継承できない宝剣『白狼刃』を見事
相続している

○アリー=フェルネス
栗髪 褐眼
装備 有線式小投剣 カタール『エアスウィング』 ハイデルベルク騎士団制服

技 暗殺忍術

ハイデルベルク騎士団情報部の副隊長。
フレイアの補佐官として情報部の情報統制を行っている
若く童顔で成人前の少女のような格好をしているがその腕は確か
実は暗殺集団の出身でハイデルベルク騎士団にもぐりこんできた刺客だったのだが
フレイアと親しくなりいつしか任務よりも彼女と共に働く事を望むようになる
とある事件をきっかけに暗殺集団とは決別し正式にフレイアに仕えるようになった
実はぬいぐるみを抱いて寝ており童顔にピッタリ生活習慣を持っている
とある任務でしくじり魔物の強姦にあって以来その時の毒で胸が大きくなってしまい
心と体の傷が癒えた今でもそれが悩みとなっている
因みに魔物から救い出してしばらくは母乳が噴出しておりその処理にフレイアが協力したことから
フレイアに対する感情に変化が生じている

○ハリー=マクドウェル
白髪 黒眼
装備 秘伝忍刀 忍装束 編み笠

技 東国卍流忍術

ハイデルベルク騎士団情報部に所属する老人忍。
情報の行き交い混雑の極めである王都地区を担当し若者の教育もこなすおじいさん
東国に代々伝わる忍術集団の元頭領でその座を次の世代に受け渡して以外里を後にした。
その後カーディナル王となんらかの関係を持ち騎士団に協力するようになる
陽気で酒を愛する人で技術はともかく元忍集団の頭であったということは
騎士団員の中ではかなり疑わしく「自称忍者」という肩書きになっている
彼にしてみればもはや里を捨てた者なので「自称」っというのも外れてではないと苦笑いし
それを認めていたりもしているのでその形で治まっている
若手に基本的な身体術を教え込みフレイアにも軽く忍術を教えたりもして誰もが敬愛している
しかし自身が体得した流派の技は門外不出でこれを教えようとはしない
ハリーという名は偽名で本名は「リュウビ」、かつて東国で四天王と称され「不屈」の名で有名な戦忍であった
その名の通りどのような困難な状況でも活路を見出し他の者を率いた剛の男
だがそれ故に任務達成を優先し部下を機械的に扱ってきた罪悪感から全てを捨てたのだという

○シグ=カーマイン(通称:シグ)
短黒髪・黒眼
装備 短刀×2 クナイ帯(ベルト)
希望都市出身の双剣士。一見寡黙な、実はニヒルで嫌味ったらしく上足取りな青年。
シウォング軍からスカウトで情報部に所属する。
魔法は自身の身体強化系と一発逆転の爆裂系のオールラウンダー
一定時間、人狼に変化する事ができ爆発的な戦闘能力を持つ
所属時に知り合ったヒサメの事が気になりアプローチをかけ見事に射止める。
複雑な関係になっているのがだ本人の意思は固いようだ

○ヒサメ
黒髪 黒眼
装備 カタール『両双刃』 隠密忍衣


カムイ国の裏では名が知れ渡っている一流の女忍者。
忍という肩書きだが諜報能力よりも暗殺能力に特化した正しく殺し屋のような存在
卓越した隠密能力で潜伏し目標の急所を狙う技術はずば抜けており狙われた者は確実に葬り去られると言われている
指令に対しては完全に従い、死すら恐れないその姿は自我がないようにも見える
所属していた組織の崩壊とともに自分で暗殺の仕事を請け負うようになりさらにその名は広く知られるようになった
長い黒髪に鋭い鷲のような目が特徴で常にマスクをしているために素顔を知る者はいない
感情を持たない口調だがその行動は死に場所を求めているようでもある
隠密性を最重視し、レオタードのような漆黒の忍衣と同じく黒いタイツをはき
肌の露出を控え影と同化している。
それゆえ、防具らしい物は一切装着しておらず完全な回避する戦いに特化されている
とある一件よりハイデルベルク騎士団に協力し、ハリーの指示の元影に徹している
その中シグと出会い彼と生活を共にする。
シグの存在に戸惑いながらも次第に彼に心を開いて行き不器用ながらも心許す存在として彼の隣で生きるようになる

○メリア=フォーチェン
黒髪・黒眼
装備 情報処理専用魔杖『アベレージ』
希望都市出身の魔導士。
大人しく口どもるのが特徴的な魔女っ娘。脱げば化けるんです。
元情報量で精度が上がる未来予知の魔法を扱うが、
『英雄』の存在で結果が当らなくなるのが目下の悩み。
魔導院より完全な事務屋で情報処理に勧誘。
情報部に所属しフレイア、アリーと良く行動を共にしシグよりも新天地での生活に馴染んでいる
アリーの禁じられた恋路の行く末を見守り鼓動が速くなる生活を続けている

○サリー=アンディス
金髪 碧眼

ルザリア騎士団の受付嬢。
治安維持の他にも騎士は事務職をこなさなければならず各都市の騎士団には女性騎士が受付として
民の案内をすることになっており彼女は騎士に昇格して以来ずっと受付を担当してきた
交代制で一応有事には出動するのだが基本的には担当地区で処理することになっているために余り現場に向かうことはない
スラッとした金髪が特徴で職務に誇りを持っている・・のだが素行は裏腹で逆上すると手元にある物を手当たり次第投げる癖がある
反クロムウェル派の代表格で彼のことが心底嫌い、それは憧れのタイムを取られただけでなく元々気が合わないらしい
かつてはフィートに熱を上げていたのだがあっけなく捨てられ一時期心を閉ざしていたが最近ようやく吹っ切れる
だがその言動力は「フィートが自分を捨てたのはクロムウェルの野郎が裏で何かやったせい」
っと決め付けたことで彼にとっては迷惑千万な事である
因みにフィートが騎士団屋敷に入る時はいつも2Fの開いている窓から、
それ故に彼女がフィートが来ている事を知る事は滅多になくそれもまたクロムウェルのせいにしている・・

ブレイブハーツ
ハイデルベルク騎士団の中でも選ばれた精鋭。
聖騎士の称号とともにハイデルベルクに伝わる聖剣『ブレイブハーツ』を授けられる
この聖騎士達も『ブレイブハーツ』と呼び聖剣の名というよりもそれを持つ全ての者達の肩書きのようになっている
なおブレイブハーツになった者は国内の国境沿いの町に点々と配置され騎士団の長となる

○ジャスティン=セイファート
茶髪 褐眼
装備 精狂剣『荒鷹』 投剣用ダガー 聖騎士専用板金胸鎧 戦闘法衣

技 聖騎士団剣術
  精狂剣『惑わせ』
  精狂剣『操り』

戦法 相手の精神に作用させる聖剣『荒鷹』を扱い隙を作る戦法を取る。
   しかしそれが全てというわけではなく寧ろ聖剣は回避用の手段として使う事が多い。
   それ以外では命中精度の高い投剣を使用した接近戦を得意としている

ブレイブハーツの隊長。
他にも国内の東方にある都市に配置されている『精狂騎士団』の団長でもある
顎髭を生やした男前で騎士とは思えないほどの軽い性格。だが職務は不真面目ではなくいつも最短で済ませている
総合的な面からしてブレイブハーツの中で一番隊長に相応しいということで
今の立場についているのだが本人は適任とは思ってはいない
聖騎士なのに博打好きで素性を隠した状態で出会ったローエンハイツ騎士団のグレンとはライバルで彼との対戦を楽しみにしている
他にも同じブレイブハーツのディウエスとも悪友で良く飲みに行ったりと交友関係は広い
かつて同僚であるフレイア=クレイトスとは肉体的な関係まで進んだ仲だったが
彼女が義理の兄に熱を上げるようになってからはその動向を静かに見守っている
その事でハリーなどからはヘタレとも言われているが本人なりの考えがあるらしい

○ディウエス=ガーリオン
スキンヘッド 褐眼
装備 炎光剣『紅輪』 聖騎士専用重装鎧 漢布

技 我流剣術
  赤光剣『爆炎』
  赤光剣『超爆炎陣』

戦法 トゥヴァイハンダー型ある聖剣を力任せにぶつける豪快な戦い方が得意。
   屈指の装甲の厚さとむさ苦しいまでの熱血気合にて移動要塞の如く襲い掛かってくる。
   それゆえに生半可な攻撃は通用せずになす術も無くなぎ倒されるしかないと言われている

ブレイブハーツの一人。
南東にある都市に配置されている『赤光騎士団』の団長でもある
暑苦しい性格でそれに従う騎士団も同属揃い。
全員が筋肉質なむさ苦しいマッチョさんの集まりで訓練時の運動には下着姿にて全身油を塗ってサービスしている。
かく言うディウエスも東国の文化である下着『漢布』を愛用しており激を飛ばしている
ハイデルベルク騎士団内では一番規律には厳しく挨拶は全て『オッス』と統一されている
それゆえハイデルベルク騎士団の女性騎士の中では「転属したくない騎士団NO1」に上がっている
因みに現在赤光騎士団に所属している受付女子騎士嬢は一日でも早く転属されたいと神に祈ってはいるが
騎士団連中は意外にも紳士的に接してくれるので筋肉大好きな女性騎士では転属したい場所である
豪快な性格で大雑把ながら的を突いた行動を取るのだが
民に対するサービス心は意外に旺盛で休日には都市公園で子供と戯れていたりもしている
子供が好きなのだが独身、現在嫁さん募集中
その風貌から王都勤めの非番時には必ず通報される・・

○ジェット=クラスター
黒髪 黒眼
装備 龍鱗剣『龍光牙』 武道着

技 暗剣殺法
  龍鱗剣『神気龍魂』
  龍鱗剣『三龍魂』

戦法 防具を一切着けず己の肉体のみが唯一の盾とし常に「斬られる前に斬れ」という心構えでいる。
   東国の暗殺剣術の流れをもつ剣技を体得しておりその一撃の鋭さはブレイブハーツでも群を抜いている。
   また聖剣である『龍光牙』から放たれる龍魂と呼ばれる
   闘気を放ち強力な遠距離攻撃も兼ね備えている

ブレイブハーツの一人。
北西の都市に配置されている『龍牙騎士団』の団長でもある
寡黙にて非常にストイックな性格で彼に従う者達も同様に規律を何よりも重んじている。
常に鍛錬、その動きは一切の乱れもなく正しくプロの集団といえる
しかし連携を取るよりも個人技に特化しており集団での行動は逆に不得意と言われている
因みにこの騎士団は『赤光騎士団』の次に女性騎士から苦手とされており現在所属している
女性騎士数名も毎日、息が詰まりそうな思いをしている
東国の出身であるがその素性は謎に包まれておりそれを敢えて聞こうとする者もいないのだが
どうやらジャスティンや総団長のオサリバンとの間に何かしらの因縁があるらしい

○フレイア=クレイトス
碧髪 碧眼
装備 魔刀『血桜』 特注忍装束 小太刀

技 セイレーズ流剣術
  血桜『命吸』
  血桜『血陣』

戦法 忍として活躍するクノ一だが忍としての正式な教育を受けておらず
   父と兄から教わった身のこなしをベースに我流でそれを可能としている
   高速の剣術を得意としており相手に斬りつけその命を吸う魔刀を使い徐々に弱らせる戦法を取る
   極力危険を避け生還しなければならないために相手の命力を吸いながら
   力尽きるのを隠れて待つという少々良い性格な事もする

ブレイブハーツの一人。
若くしてハイデルベルク情報部の長を勤める才女にしてその正体はかつては国にその名を轟かせた
義賊セイレーズと錬金術師ミュンとの実子。
しかしその生い立ちを知るものは少なくかつては義理の兄であるロカルノのせいで母は死んだと恨んでいた。
そのため私生活ではかなり荒んでいた時期があり人として駄目になるところをジャスティンに救ってもらった経歴を持つ
彼と身体を重ねることで少しは恨みの念もマシになったのだが
ロカルノと闘うことになったのを機に再び憎悪が放たれる
しかし、ロカルノの必死な説得により和解、自分の本当の出生を知りわだかまりが解けていった
それからは義理の兄に熱を上げているのだが内心ジャスティンへの感情は燻っておりたまに自然と恋人のように
彼と接してしまい気まずい空気を出している
性格は極めて明るく意外に短気。
今の職もあるので仕事中は真面目に勤めており同じ年代の隊員アリーの助けもあり若くして国の情報を司っている
セシルの事が心底嫌いらしくあの手この手で彼女を兄から引き離そうと模索しており
そのため彼女の実の母であるソシエに彼女の居場所なども伝えたりした


Liberty(リバティ)
王都ハイデルベルク治安部隊、大国の首都の守り専門として特殊に動く小隊でハイデルベルク騎士団の一部だが
通常の騎士小隊には与えられない権限を持ちそのフットワークは軽い
面々はフレイア=クレイトスがスカウトしてきたメンバーで構成しており責任者はブレイブハーツ、通常はアインリッヒが部隊を統率している

○アインリッヒ=デューデルト(通称:アイリ)
長赤髪、黒眼
装備 騎士剣

リバティ隊長の女騎士
気が優しく面倒見がいい委員長娘で希望都市出身。
魔法は自身の身体強化系と浮遊局場結界「ソーサ」,回復系のみを使い、バリバリの前衛。
これといった欠点もないが突出した能力もない安定型、統率力がある分その存在は
やや地味かもしれないが健気にがんばっている。

○レオン=リースラフト(通称:レオン)
金髪、碧眼
装備 鞘型戦魔杖,レイピア 

希望都市出身の人当たりがいい優青年。だが実は某ナンパ師の自他共に認める弟子。
一見レイピアを主に使うように見えるが、実は魔法の遠距離がメイン。
オーラル真性スケベで新天地で新しい出会いを求めるもディウエスに目をつけられてから不幸続きで
色男が幸薄三枚目なギャグ担当になりつつある。
身内内ではそれなりに白い眼で見られているのだがアインリッヒがその都度(仕方なく)フォローしており彼女に対して別の感情を持っている

○ニーナ=リットリバー(通称:ニーナ)
長茶髪・茶眼
装備 大戦斧,戦闘用レオタに脚甲・腕甲・胸甲
希望都市出身の天然オットリな癒系
実際より大人に見られるナイスバディ眼鏡娘。実はバリバリの前衛怪力戦士で大戦斧を利用した豪快な戦いで面々を助けている
独特な感性を持っているのか暑苦しいディウエスの誘いに嫌そうな顔もせず微妙な発展をしている

○シャルロッテ=インセクト(通称:シャル)
金髪・紅眼
装備 短弓(短矢),短剣,軽量皮鎧,符型機巧変形式使魔×三種(蝶・蜻蛉・蜂)
希望都市出身の情報集めに関して天才肌で強気なツンデレロリ娘。
年の割に貧素な体に悩。
蝶・蜻蛉・蜂の使魔を同時に無数使いこなす後衛情報戦向き。初歩でも各種魔術を駆使。
部隊のトラブルメーカーなのだが結構一人でも何とかできている

○レザード=アインゼル(通称:レザ)
金髪碧眼
装備:魔導補助装飾(イヤリング)
希望都市出身の男装麗人。別にその手の趣味はなく、実を取る結果この姿。ナイスばでい。
古参の希望都市の住人で、かつて戦場の緊張感を生きがいにしていたが、
平和に魔導院の講師で身を燻らせていた。優顔に誤らず、性格言葉使いも優しい。
少々曲者だが部隊の良いまとめ役、それでも面倒事はパスする事もしばしば・・


ダンケルク
大陸の北部に存在する国。
領土は広いがその大半は人が足を踏み入れる事を許されない険しい大地であり冬場は雪に包まれてしまう
国力は余り充実しているとは言えないが昔より情報収集のレベルは高いと言われている
また、建国以来獣人の人権を認めた珍しい国でもあり国内の獣人は他国に比べて豊かな暮らしをしているのが特徴

○ヤスパール=カルディーノ
銀髪 緋眼
装備 王法衣 国宝剣

技 宮廷剣術

現ダンケルク国王。
若くして王の座に就き民を纏めてきた秀才で国民からも信頼されている
父親が恐怖政治に近い状態に走ったのを食い止めた立役者でもあり
彼が王になってからは宗教の自由や最低限の国軍編成など色々な方面で活躍をしている
緋色の瞳が特徴でパッと見は普通の好青年で初対面で王と気付いてもらえないのがお約束になっている
妻であるリンディスとは相思相愛で強烈な性格のリンディスからして恐妻家ともささやかれているがそうでもないらしい
兄であるロカルノほどではないが何事もそつなくこなし剣術も中々の腕と言われている

○リンディス=カルディーノ
銀髪 碧眼
装備 大型モーニングスター『私刑(リンチ)伍号』 邪鞭「女王様」 リンディス専用ドレス

技 抹殺する

ヤスパール国王の妻にして国の軍事面を指揮する恐るべき王妃さん。
高飛車が動いているような人物で常に高圧的な態度を取っている。
しかし実は思いやりがあり結構寛大なところもある
国を護りヤスパールを支えるために軍事面をバックアップし近衛部隊や機動部隊など少数ながらも効率のある部隊編成を行っている
また罪人への重罪処理として自身が開発した大型モーニングスターでの制裁をする「女王の裁き」をも行っており
罪人や犯罪者からは恨みを通りこして恐怖の存在となっている
実はヤスパールにベタ惚れで二人っきりだと甘えているそうだがその姿を見たものは当人達以外はいない
さらに彼女のために処女膜再生技術が発達していると噂されているのだがこれまた真相を知る者はいない

○アゼフ=マックスター
栗髪 ???
装備 偽装装束各種 ショートソード

技 宮廷剣術

ダンケルク情報部の副隊長。
情報収集のプロフェッショナルで常に完全なる任務完遂を心掛けている
若くしてダンケルクで一、二を争う腕前を持つ素性を隠し情報収集を行うため目元を常に隠している。
様々な偽装装束を所有しており同等の職業になりきる
諜報員として最高の称号『草』を持っており現在はロカルノ専属の諜報員として奔走している
性格は冷静沈着で仕事一筋だが部下への思いやりもある、
又情報の収集を専門としているため戦闘能力は高いとはいえない
因みに『草』とは『道ばたに生える草のように気にならない存在』として自分の存在を極力目立たせないプロとしての意味

○メイ
金髪 碧眼
装備 偽装装束各種 軽鉄剣

技 宮廷剣術

ダンケルク情報部に所属する獣人諜報娘。
アゼフに恋心を抱き彼のお近づきになりたくて情報部の事務へ面接に出たのだがあえなく撃沈、
その後特例として諜報員へのスカウトをされアゼフ直属で働く事になる
元々ダンケルクに移住する前には厳しい環境で過ごしてきたために身体能力は優れているが
基本的な教育を受けていないために肉体労働と頭脳労働の差が極端に激しくサバイバル能力に優れているが
かけ算がロクにできないと極端な娘
明るく活発でおおよそ国の情報を担っているとは思えずそれが逆に功をそうしている
アゼフと同じくしてロカルノに仕え仕事で良くアゼフと夫婦役を演じているのだが本当の男女の関係になりたく日々奮闘している
国内には共に移住してきた弟がいる

○シグマ=カミュ
黒髪 黒眼
装備 戦斧『牙王』 レザークローク

技 我流闘法

元傭兵公社第13部隊に所属していた戦士。
公社最強の証である『剣聖帝』の称号を持つ猛者でその力量はクラークに匹敵している
公社崩壊後は傭兵業を止め木こりとして生活をしていた。
しかしとある一件で家族を人質にクラーク暗殺を強要をされる
結果それは阻止されて家族とも無事再会・・以後は家族の安全も考えダンケルク国内に身を寄せている
巨体でぶっちょう面が特徴の武人さんで周りには「熊さん」と言われている
妻と娘と幸せに過ごしていたのが娘が何やら独立したいと言い出し最近また少し悩んできている

○アイヴィス=カミュ
黒髪 黒眼
装備 錬金ハンマー 

シグマの娘、寡黙な父とおしとやかな母の間から生まれたとは思えないほど
活発な性格で露出の高い服装を好んでいる
ボサボサの髪でおおよそ女の子らしくなくシグマも少しは女の子らしくしろと注意するほどなのだが
本人は聞く耳を持っていない
しかし父を尊敬し母を愛しており仲のいい親子だといえる
父の仕事の斧を作った事をきっかけに鍛冶師を目指しハイデルベルク国で活躍している
鍛冶師リュート=ボーマンを一方的にライバル視している
そのため武者修行に出たいと言い出しているのだがその性格故に
無茶をするのは間違いないとシグマは思い何とか説得しようとしている

シュッツバルケル
大陸有数の軍国。
群を抜く軍事力を持っていたのだが宗教戦争であるビルバオ=シュッツバルケル間戦争の契機に
軍事力が総崩れし内乱の処理に追われていた
そんな中、名将ミネルバを中心に国を治める事に成功し軍事力の建て直しを測るようになった
シュッツバルケル王は内乱時に戦死し国が滅びかけたのだがミネルバが臨時政権を打ち立て国を維持している
現在目論んでいる計画が成功すれば正式に新国王として名乗りでようとしている

○ミネルバ=ストライボス
緋髪 碧眼
装備 両刃槍『イシュタル』 特注聖銀鎧 

技 シュッツバルケル式乗馬槍術
  超真空刃

戦法 愛馬である白馬スタリオンに乗ってでの乗馬槍術を得意とし近〜中距離での戦闘に無類の強さを誇る
   人馬一体の動きは捉えどころなく頭上から鋭い一撃を放つ。
   また距離が開いていたのならば槍から放たれる扇状の真空刃を放ち相手を翻弄させる

シュッツバルケル軍の若き指導者。
威厳を失墜した軍部を復活させた立役者で高いカリスマ性を持つ
シュッツバルケル軍の二大将軍にも上げられるほどの名将で『天のマーチス 地のミネルバ』と言われ
地上部隊では一番の実力を持っていた
竜帝マーチスが瀕死の重傷を負い国を去ってからは彼女に羨望を眼差しが向けられそれが強いプレッシャーとなっていた
高いカリスマ性を如何なく発揮し軍をまとめ、その命令は絶対。
しかし分不相応な命令はしないために部下はその命令に最高の形で応えるために日々奮闘している
元々信念に貫く女性だが軍の建て直しからはどこか冷たさを見せるようになった
マーチスとは恋仲で昔は互いに認め合った仲だったが国の未来に対しては若干考えに違いがあった。
しかしそれでも彼女にとってはマーチスは心の支えであり彼に去られたショックは一際強いものだった
それが原因でメイガスに取り憑かれてしまったのだがそれをマーチスにより再び救われる
飛竜族との一件以来はかつてほどの強引さはなくなり国を良い方向に向かうためにはどうすればいいのかと
真剣に取り組んでいる

○ケイオス
黒髪 黒眼
装備 忍刀『金剛一文字』 漆黒の忍装束

技 暗殺術
  暗殺忍術

戦法 姿を隠し相手の急所を狙う一撃必殺の戦法を取る。
   暗殺のプロフェッショナルだが通常戦闘もこなし分身を使っての乱撃は回避不可能。
   的確に急所を切り裂く技術は芸術のレベルまで昇華されている

ミネルバに仕える戦忍。
主に仕えその命令には忠実で任務の達成率は99%を超えると言われている懐刀
かねてから汚れ役を引き受けてきており要人の暗殺なども手がけてきた。
戦闘に特化した忍術を扱い愛刀とともに戦う姿は凄まじく一騎当千の力を持つ
眼光が鋭く口元もマスクで隠しているのだが基本的な口調は物静かで丁寧、
しかしそこからは冷たい殺気が漂っている


○サラ=グレイシフ
黒髪 黒眼
装備 指揮官用サーベル 聖銀鎧

技 黒薔薇式剣闘術

シュッツバルケル近衛隊『黒薔薇師団』隊長。女性のみで編成された特殊な部隊だがその実力は高くミネルバからの信頼も厚い
その部隊を指揮する故に彼女もかなりの武人。私情を押し殺し部下には常に厳しく接している。
しかしその厳しさが今の地位を築いてきたと隊員は知っているために彼女に対する尊敬の念は強い
黒髪に紫の口紅を愛用しており絶世の美女なのだが鬼教官の言葉が良く似合い様になっている
彼女の統率の成果があり黒薔薇師団内での結束は一際強くその結束力が一番の強みにもなっている

○イオ=ゲイツ
銀髪 碧眼
装備 薔薇刺繍の銀槍『セントローゼス』 聖銀鎧 

技 シュッツバルケル式乗馬槍術 

黒薔薇師団の中でも特に乗馬術に優れた者達で編成された騎馬隊の隊長。
端麗な容姿と美しく長い銀髪が特徴の美女なのだが他国に名を轟かせるほどの槍の達人
団長であるサラに次ぐ実力者で戦力の要として活躍している。武人肌で決闘を好んでおり負けなしとも言われている
機動力を活かした一撃必殺の戦術を心掛けており、後ろに従う部下の命を護るため状況の判断とその決断力は
一際優れており彼女が騎馬隊長になって以来未だに死亡者を出していない

○ステア=ウェンツ
水色髪 碧眼
装備 量産サーベル 聖銀鎧 聖銀円形盾

技 黒薔薇式剣闘術

黒薔薇師団の女騎士。隊長であるサラからの信頼が厚く状況の報告や彼女の手が離せない時、
代行として命令をするなど部隊でも重要な位置についている
美しい水色の髪が特徴で見る限り騎士という血生臭い職には不釣合いな優しい顔つき。
しかし自分の職に誇りを持っているために毅然とした態度で職務に就いている

サマルカンド
大陸の中でも珍しい民主主義国家、他国への支援も行い特異な存在ながらその貢献度は高い
大陸の中では特に歴史が古く様々な遺跡が点在している

○フェイト=ラインフォード=ドラクロワ new
白髪 緋眼
装備 暗黒剣『ビヨンド・ザ・グレイヴ』 漆黒のマント『処女狩』 漆黒の貴族服

技  我流剣術
   暗黒神術

戦法 圧倒するほどの怪力、そして闇の一族独特の術を扱い霧状や狼に変化したりして翻弄させる
   あらゆる闇の魔法に精通しているがその本領は近接の剣術にある

境界管理者。門番、番人とも呼ばれる
天と魔が争った戦の後、荒れた人界の再生をし争いが起きないように世界の壁を管理するために
人の世に住まう『夜の一族』の末裔にして当主
本質的な属性は闇であり魔に属する者だが人に取っては守護神とも呼べる存在であり
魔界の中でもかなり力を持っていた豪族であった
だが一族を通して常識的な人柄を持ち紳士淑女の嗜みに趣を置いている
故に居城があるグリーンリヴァーでは領主として崇められている存在であり
民を災いから退けてきた。
フェイトが受け持つ境界はハイデルベルクからシュッツバルケル地方に存在するエリアであり
その間で境にて魔が侵入してこないかを監視するのが役目
境界は秘境など人が寄りつかない自然に包まれ、なおかつ地脈が乱れた地点による空間の歪みにより入り込む世界であり
人が寄りつかないように結界がなされている
言わばこの世のあの世の狭間のような形であり人界と魔界が大きな崖を挟んだような空間が延々と広がり赤い嵐が吹き荒れている
そのためにそこを通る悪魔はおらず管理している夜の一族に認められた者のみが渡れる
本来ならば世界中の境界管理をすべきなのだが天と魔よりの干渉により数人により管理が行われており
基本的に魔界の人界進出を監視している、天上界の境界は荒れ狂う川で隔てられているのだが基本的に
天上界は人界との関わりを嫌うためにこちらを管理する者は少ない
管理者としては若輩者なのだが実力はトップクラスであり恐れられている存在。
普段は廃墟の古城にて眠っているのだが境界に異常があったりすると精神のみでも境界に赴くようにできてある
また一族通じて生真面目なまでに境界の管理をするつもりはないらしく
人に害がないと思われる悪魔はすんなりと移界をさせている
フェイトも例外ではなくローズ達やサブノックを人界に迎え入れた
彼自身は常に優雅さを心がけ高潔にして冷酷な一面を見せており敵対する者には一切の容赦をしない


○ミーちゃん new
白髪 緋眼

フェイトに仕える使い魔
正式名称『ミルシャディアン=ファルゲンバルエル=フィリッポス』
主ばりの長い名前を持っているが発音しにくいということで主のフェイトからは「ミーちゃん」と呼ばれている
やや性格に難があり人を見下す嫌いがあるものの使い魔としては優秀でフェイトも一応信頼している
本来ならば白いチャイナ服を着た気の強そうな白髪の美少女なのだが魔力効率が良いという事で
白猫姿でいる事が多い
主に対する忠義は厚く身の回りの世話から夜伽までこなすのだが礼儀作法は完璧ではないのか
来客でも感情を爆発させてしまうところがありそれをしでかす度にフェイトに笑われる
実は貧しい農村の出で貧乏使い魔の家に産まれ。そのため貴族的な礼儀作法に疎く最近までお茶も上手に淹れられなかった
使い魔の一族は主と契約をしなければ満足に力を出せない種であるがために貧しいながらも
立派な使い魔になろうとがんばる
しかし貧乏出身と言うことで誰も契約してくれなかった
これでダメなら実家の農業を手伝おうと偶然魔界に来ていたフェイトに対し直談判したところ見事採用が決まり
以後場違いなまでに高位の一族に仕える事となった
主ののんびりさには恩義があるとは言えども耐えられない節があり最近胃が痛くなっている
元々は「猫」の使い魔であり、一族総じて背が低く、敏捷性に優れており奇襲であるならばそれなりに戦える


カムイ
独自も文化をもつ島国。
それゆえに食糧事情には苦しい土地だったのだが現在は貿易の活発化により克服している
忍耐強い気質の民でそれゆえ武芸にのめりこみ達人と呼ばれるまで技を昇華した者も多い

○アイゼン
黒眼
装備 武道着 斬鉄剣『月華散水』

技 アイゼン流剣術全般

戦法 遠、近両方においてまったくの隙がない。
   神速とも言える抜刀の技術を持っており刹那にて風も舞わずに切り裂かれてしまう
   その太刀筋を見切ることはできず未だ不敗を誇っている

アイゼン流剣術現継承者。
その名はカムイ内に広く知られていたが表の剣術界を引退してからはすっかりと忘れられ地方にてゆるりと暮らしている
正しく最強の剣術使いで昔は王の元に使え「四天王」と呼ばれる達人の一つであった
そのため、王室には顔がきき今でも助言を求められることもある
剣術一本で生きてきてその高みに昇るほどに物悲しさを感じた。
それを埋めるために孤児であるクラークやナタリー、クローディア達を助け自分の家族として育てた経歴を持つ
剣の道以外には無頓着だったが息子や娘達と暮らす内にそれを悟りついには自分の剣を完成させた
現在は孫ほどの娘といちゃついたただの巨漢丸ハゲ爺だが
剣の腕は全く衰えておらずたまに襲い掛かってくる盗賊に恐怖を味あわせている
その洞察力はまるで心を読んでいるが如くで久々に顔を出してきたクラークとクローディアの心境の変化などを一目で
見破った

○ツクヨ
黒髪 
装備 武道着 十字槍『雅』

技 ツクヨ流闘槍術

戦法 鋭い槍の一撃にて全てをなぎ倒す。華奢な体躯には似つかわしくないが対多数の戦闘に特に強い

アイゼンと同じくカムイ王に仕えた「四天王」の一人
彼らの中では異質な存在で一番若い全盲の女性。しかし心眼の法を体得し健常者以上の感覚を持っている
自身であみだした槍術にて戦場を駆ける姿は非常に凛々しく、その姿は敵をも魅了したと言われる
国が治まり時代に取り残されてからは自ら戦う事を止め、地方の村で教師として子供達に勉学を教える日々を過ごす
そんな中、異国の青年アルベルトと出会い自分の槍を継承させ再び起こった戦乱を鎮める大きな原動力となっていった
彼が巣立った後はもはや戦うことはないと確信し教師としての人生を歩んでいる
因みに四天王とは「抜刀のアイゼン、烈槍のツクヨ、剛剣のゼンキ、不屈のリュウビ」の四人

○ゼンキ
白髪 黒眼
装備 斬馬刀『悪滅』

技 我流剣術

戦法 特大の刀である斬馬刀での一撃必殺の剣を振るう。得物が得物のために小技がなく
   ただ最大の一撃で切り捨てる、それ故に徹底的昇華された一撃を受けて無事な者はいない

アイゼンと同じくかつてカムイ王に仕えた「四天王」の一人
「剛剣」と呼ばれるほどの剣士でありアイゼンとは宿敵であり戦友。
自分の剣の高みを求める事にのみ執着していたがためにカムイ王に仕えていたのもアイゼンと勝負ができ
戦場を駆けることができるがためだけであった
そのため、カムイに平穏が訪れるとそれを見限り一人大陸に渡り武者修行の旅へと出た
その中長年に渡り身体を酷使してきたのが祟り病に倒れとある町で世話になる
はじめて人の優しさを感じたゼンキはその先の短い命を町人のために使おうとし
病魔に蝕まれた体で単身町に巣食う盗賊達の掃討に挑んだ
結果、通りすがりの旅人であるサブノック達の協力もあり敵と相打ちながらもそれを達成する
その最後に斬馬刀をサブノックに託し満足そうに笑みを浮かべながらこの世を去る
自分の剣のために全てを捨てながらもそれが報われた孤高の剣士であった

○アルベルト=クランベ
黒髪 緋眼
装備 十文字槍『秘鉄三又』 朱塗り甲冑

技 ツクヨ流闘槍術
  遠槍『破竹』
  近槍『朧』
  突槍『牡丹』
  滅槍『瓢』

戦法 独特な槍を巧みに扱いどんな相手でもものともしない。
   柄の底を握り深く踏み込みとともに最大の射程にて相手を討ち貫く「破竹」
   突きをフェイントに脚を狩る鋭い低空撃を放つ「朧」
   一点突破を目的とし槍を∞の字に振り突進す「牡丹」
   気を利用し相手を斬るのではなく強烈な衝撃を背部に叩き込む「瓢」など高い戦闘能力を誇る

元々は大陸の某国出身で有名な軍家の産まれだが幼き時に家は戦火の後に崩壊
身を隠しメイドの故郷である東国に移り住んだ
その地で名槍士ツクヨという女性と出会い槍を習い血の性もあるのか次第に武芸にのめり込んでいった
戦いに対する才能は抜群であり成人するとともに東国の王に仕え『紅き瞳の烈将』の異名で呼ばれるほど。
東国の情勢が安定してからは自分の腕を試すためと故郷を再びその眼で見てみたいということもあり将の職を自ら辞め
単身再び大陸の地に降り立った
性格は真面目な熱血漢、熱くなりがちだがむやみに突っ込むことはせず戦況を見極め、
できる限り損害を抑えようと考えるタイプで将と呼ばれるに相応しい器を持つ
礼を重んじ女性が少し苦手な好青年で実は未だ女性を知らない
サラっとした黒髪に緋色の瞳が凛々しい青年だが着込んでいる物が東国産の鎧なので周囲からは変な目で見られることもしばしばで
特異である十文字の槍を見て聖職者と間違われることも多い


○クオン(久遠)
黒髪 黒眼
装備 祭具剣『天雲(テンウン)』 巫女装束 赤足袋 

技 古式剣術
  式神『炎武』
  式神『水虎』
  式神『怨羅王(エンラオウ)』
  式神『阿修羅』
  雷神『九天応元雷声普化天尊(キュウテンオウゲンライセイフカテンソン)』

戦法 舞のように軽やかな動きで相手を斬る剣術を得意としているが自身から直接
 攻め入らない。符を依り代に『式神』と呼ばれる使い魔を召還し前衛に立たせる事を得意としている
 一度に召還できる式神は一種のみで、
 接近での格闘攻撃を得意とする『炎武』
 水を操り敵の霍乱、味方の治療を施す『水虎』
 呪いの力にて闇を闇にて払う『怨羅王』
 怒涛の剣撃を繰り出す『阿修羅』
 の四種を状況に応じて使い分ける。なぁ式神召還時でも自身は攻撃でき巧みな連携を可能としている
 奥義である雷神『九天応元雷声普化天尊』は符ではなく自分を依り代に式神を超越した
 存在である雷神を憑依させる諸刃の剣。絶対的な力を発揮できるが身体を乗っ取られる危険性を持つ

 東国に存在する対魔組織で育てられた女性。
 成人したての若さながら一流の腕前で魔を払う『戦巫女』
 国を平定させ民を守るため小さい頃から魔を払う訓練のみを行ってきており世間の事は
 何も知らない純粋な存在
 ただただ戦い民を守るということに疑問も持たず命令に従っている
 おかっぱな黒髪で見た目は美しい大和撫子、人には優しく人外の物には一切加減をしない


三神教
ハイデルベルク国を中心に広まっている宗教。
三人の女神を崇拝するもので教皇とその下に13人の枢機卿と呼ばれる司祭を従えさせている
また、ハイデルベルクの騎士団も協力し他教、魔物から信者を守る神殿騎士(テンプルナイト)をも数多く
配備されている
神殿騎士になるには三神教信者が巡礼修行を受けてなるのとハイデルベルク騎士団の騎士が志願し特殊な洗礼を受けてなる
二通りがあり前者は神官騎士、後者が神殿騎士となる事が多い

○エイリーク=ヴァレンシア
紫髪 碧眼
装備 聖装の司祭服 プリーストワンド

術 神聖守護魔法全般

戦法 自ら前線に出ることはなく他のものの傷を癒しその力を底上げさせるのが主な行動
   司祭の地位ゆえにその力は高く特に対魔法の障壁は並大抵の術では歯が立たないといわれている

宗教都市にして総本山であるウィッシュにて司祭として日々祈りを捧げている女性
若くして司祭の地位を持ち国教の聖地とされているウィッシュで民を説いている
濃い紺色の法衣とすっきりとまとめた紫の髪が特徴で権力好きな司祭さんと違い
本当に神の御心で民を導けると信じている
彼女には護衛の為の神殿騎士が数人ついており巡礼の際にはいつも護衛をされているが
騎士も女性と決まっており住民からは羨望の眼差しで見られている
超有名な貴族の家で代々司祭の座に就いてきたヴァレンシア家の出身でありかなりの世間知らず

○アグリアス=フィン
金髪 碧眼
装備 神聖鎧 聖礼剣『クレセントセイバー』 カイトシールド

技 神殿騎士闘法
  回復魔法全般
  
戦法 重厚な鎧と盾にて鉄壁の防御を持ちつつ鋭い一撃を放つ
   基本的な道場剣術ではあるが筋が良く、間合いの取り方にも才が光っているので
   重い鎧を着ている女と思って相手をすれば手痛いしっぺ返しを食らってしまう

エイリークを護衛すべく日々彼女の傍に仕える女神殿騎士
典型的な堅物で彼女に仕える職務に誇りを覚えている
お団子頭な金髪が特徴でキリッと引き締まった顔つきが美しく本来ならばファンもできるほどの容姿なのだが
性格の関係で彼女に言い寄る男はいない
道場剣術だが筋は良く並の騎士よりも実力がある
騎士という仕事に己の全てをかけているだけに若くして地位を築いたエイリークやタイムを
尊敬しているが一方でいい加減で片手間な仕事をしていたクロムウェルの事を軽蔑していたのだが
彼の行動を見ているうちに共に行った旅の最後には彼を認めるような仕草をするようになった

○レスティーナ=バージル
銀髪 碧眼
装備 神官護服 スピリットタロット

術 聖符術
  炎符『フレイムタロット』
  氷符『フリーズタロット』
  雷符『スタンタロット』
  土符『トラップタロット』
  結界爆符『ホーリーアーク』

戦法 魔力を封じた特殊な術符「タロット」を使用した援護を得意としている
   数種あるタロットだが炎は基本的な攻撃、氷は氷つかせ動きを止め、雷は相手の動きを鈍らす
   土は相手の地面を変化させ移動させにくくするなど
   基本的には相手の動きを止めるものが多く一人で戦う事は念頭に置いていない様子だ

エイリークを護衛すべく日々彼女の傍に仕える女性神官
アグリアスとコンビでエイリークを守っているがアグリアスほど堅物ではなく
寧ろかなり砕けているムードメーカー
しかし根は真面目でエイリークに仕える事を誇りに思っている
美しい銀髪を三つ編みにしており着ている物も質素な神官用の法衣。
ただし、神官が愛用するような法杖などは装備せずに魔力を封じた符で戦う
符術師で多種多様な護符を操りアグリアスのサポートについている
力を封じた符は『発動』の魔法に反応して瞬発性を持ち術師の負担は軽い
その分戦闘前には普通の紙の符に魔力を込め、術符「タロット」にする作業が必要不可欠で
戦闘中にそれを使い果たしてしまったら戦力はガタ落ちとなり命の危険に直結してしまう
本人もそれを気にしており使った分から補充する事を心がけている
凛々しいタイムを少し苦手としており砕けたクロムウェルと馬が合うようだ