×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


カテゴリー『冒険者、自衛団、その他』

ユトレヒト隊 

ハイデルベルク中部にある小さな町プラハに拠点を持つ冒険者チーム。

各自一騎当千な力をもつ猛者でハイデルベルク王も注目している

最近ではその活躍により名前も広まってきたのだが結構な雑用仕事も請けるために

依頼者は最初、有名チームとは思えないらしい

○クラーク=ユトレヒト
茶髪に長めの髪 褐眼
装備 合魔刀『紫電雪花』 鬼神剣『九骸皇』 特殊戦闘コート『碧衣』 
   鬼石の数珠『封鬼』 軽量籠手『剛護腕・拳式』 決戦用特殊白マント
エンブレム 九骸皇と紫電雪花を交差され紫電を走る歪紅鬼紋

技 アイゼン流剣術
  アイゼン一刀流 『霧拍子』
  アイゼン一刀流外法 『血粧花』
  アイゼン二刀流外法 『血粧桜』
  アイゼンニ刀流 『大斬鉄』 
  アイゼン一刀流奥義 『終刃破』
  秘術 『極光』

戦法 体術と剣術を混合したスタイル。
   鋭い斬撃と隙を見せない体術により戦闘をそつなくこなす
    
ユトレヒト隊のリーダー。
おおらかな性格だが剣の腕は超一流でどんな相手でも引けを取らない
周りをまとめるのが苦手で難しいことは仲間のロカルノに任せがち。それゆえ本人はリーダーとしての自覚はあまりない
また町などに行くと何かしらトラブルに巻き込まれる体質で変な誤解をもたれることが多い
恋愛感情は全くなかったのだがキルケ、クローディアの積極的な行動の甲斐あってか
今ではその二人を公平にハベらすほどになった
趣味は大工で手入れの行き届いた工具一式を持っており彫刻等もお手の物、
稀に隣接する教会に参拝にきた信者の子に小動物の木彫り像を上げたりもしている
因みに生粋のトラブルメーカーで街などにでかけると必ずと行って良いほどトラブルに巻き込まれる
それゆえ自分からはあまり外出はしないらしい

○ロカルノ
銀髪 緋眼
装備 特注槍『真戦女』 剛火の戦剣『ディ・ヴァイン』 重装鎧『要塞』 魔導剛鎖 秘蔵の仮面 決戦用特殊白マント

エンブレム 槍咥える緋眼鋼竜顎

技 セイレーズ流槍術
  セイレーズ流槍術 『霧雨連天砲』
  セイレーズ流護身槍術 『枯牙方陣』

戦法 重装甲を活かし相手をよく観察し弱点に必殺の一撃を放つスタイル、
   また鎧を脱いだら高速戦闘も可能で全ての状況にぬかりはない

ユトレヒト隊の頭脳。情報収集や状況判断能力に長けており呑気な面々を影で仕切るしっかり者。
直属の部下である『草』とメイ、さらには自ら情報を集めることもありその戦術は相手を見透かしているかのようでもある
重い重装備をしているが本来得意としているスタイルは軽装にての高速戦闘で体が衰えないようにと敢えて装備をしている
また、天才肌で乗竜術を学び高位飛竜族の女性アミルをパートナーとし、竜騎士としての戦闘までこなす
冷静沈着で常に堂々としているのだが仮面を集めることが好きという変わった一面を持ちかなり愛着している
そのため、室内にはそのコレクションや専門雑誌、はては『ハイデルベルク仮面愛好会』という怪しい団体とも交友があるなど
その拘りはかなりのものでその筋ではかなりの有名人である
また、オーダーメイドの仮面も多数所有しており専用ケースや保管庫まで所有しているらしい


○セシル=ローズ
金髪ロンゲ 碧眼
装備 氷雪の魔剣『氷狼刹』 聖騎士用特注鎧『ホーリィプレート』 蒼銀ガントレット『蒼き狼』 戦闘用蒼礼服 決戦用特殊白マント

エンブレム 紅薔薇を咥える金獅子頭

技 ソシエ流剣術
  我流 『氷装十連撃』
  ひたすら暴れる

戦法 常識では考えられない行動に意表を突き相手を完膚なきまでに殲滅しているが一応真っ当な騎士剣術の使い手
   力任せになる事が多いが意外に隙は少なくケダモノながら戦法としては成立してる
   正当な剣術は習得しているが氷雪の魔剣『氷狼刹』の氷を使ったトラップを多用するために
   それを見ることはほとんどない

ユトレヒト隊に所属する女騎士。
異常なまでに高い戦闘能力を持ち騎士らしからぬ俊敏な動きで戦場に血の雨を降らせる豪傑
かつてはハイデルベルク騎士団に所属し『金獅子』の称号を持つ有名な女騎士だったが今ではそれを脱退し冒険者として活動している
それは自分が求める「真の騎士」を目指すためで正式な騎士ではないが装備は聖騎士使用となっている
陽気なムードメーカーで場を和ましているのだが可愛いモノなどを見ると愛でたくなるらしく裏では色々と悪さをしてきている
しかしそれが表に出ることがなく世間体はいい
そのため金獅子のイメージから聖女として見られることはほとんどだが一部の真実を知る面々からは
コードネーム『パツキンケダモノ』として強い嫌悪感を持ち敵対している
根は良い人なのだがパツキンケダモノの一面が強く出すぎているがために一向に信じてもらえないが
パツキンケダモノサイドの正体を知らない者の多くは、彼女の猫かぶりのおかげもあって聖女と崇めている


○クローディア=グレイス
黒髪ロンゲ 黒眼
装備 残鉄剣『月華美人』 決闘用白胴着、黒袴 投剣用小太刀 黒眼帯 軽量籠手『剛護腕・投剣収式』
    爆裂投矢 針クナイ 袖無し紅縁白陣羽織

エンブレム 緋牡丹

技 アイゼン一刀流 『霧拍子』
  アイゼン二刀流 『大斬鉄』
  アイゼン一刀流 『霧拍子・荒独楽』
  アイゼン我式一刀流  『屠龍』
  アイゼン我式一刀流 『心法の剣』

戦法 アイゼン流剣術の体得者の中でも一番抜刀術に長けており太刀筋も鋭い。剣士故に防具などは極端に少ないがその分
   身のこなしは俊敏で接近を許してしまうと瞬く間に切り裂かれてしまう
 
ユトレヒト隊に所属する女剣士。クラーク=ユトレヒトの義理の妹に当たり彼と同じアイゼン流剣術の体得者
落ち着き払っている性格だが戦場では悪鬼の如く剣を振るう剣のプロ
家事も得意でキルケと二人で大方の雑用をこなしており家庭的な一面も持つ。
幼い頃からクラークに対して恋心を抱いておりそれが叶ってからは
彼に付きっ切りになりがちでその時は年齢相応の娘に戻っている
今では兄に抱かれる事を何よりの喜びと感じている・・そのためにかなりのM気質になっているらしい
昔負った傷で隻眼になっており質素な黒眼帯をいつもつけているが幼い頃に心の眼を開く『心眼法』を体得したために
日常生活、戦闘ともにまったく問題がない
昔聞かされた「化け猫」の話が元になり猫が苦手、それ故ミィなどの相手も最初は冷や汗ものだったが今は少しだけ慣れてきている


○キルケゴール=サルトル
金髪オサゲ 碧眼
装備 レイピア『ローズクォーツ』 マンゴーシュ『ペンタグラム』 漆黒のケープ 町娘のクローク 黒縁純白陣羽織 決戦用特殊白マント
    コスプレ衣装多数

エンブレム 悪魔翼を背に剣を掲げ黙祷する純白衣の乙女横姿

術 暗黒魔法『ブラッディーハウリング』
  暗黒魔法『ギフト・オブ・デッドエンド』
  神聖魔法『ペインフルスピア』
  神聖魔法『シャイニングスピア』
  覚醒魔法『ソードマスアリー』
  回復魔法各種

戦法 完全なるサポート要員。
   前衛で戦う仲間の傷を癒しつつも自分で学んだとされる強力な魔法で一網打尽に掃討しており
   対多数戦では欠かす事ができないほど頼りになる

ユトレヒト隊に所属する少女。
クラークの恋人にしてチームの回復役を担う魔術師でもある
宗教関係の家系に育ちその家に多数の魔法書物があったので彼女はそれを独学で学び極端な知識を持っている
とある一件でクラークに助けられて以来彼の力になっており、普段はメイド服を着て家事に勤めている
コスプレが好きなので多種多様な衣装を所有しており大半が自分で繕ったらしい。
しかも衣装を着るとその気になるのかそれなりに様になっている
過去の一件により清純派からやや小悪魔な女性に成長した様子だが基本的には”良い子”
性戯を知らないクローディアに身体を張って自分の知識を教え兄との三角関係を容認した猛者でもある
クローディアのことは姉として慕っておりいつも仲が良いのだが性に関係することになると立場が逆転する
自分の処女はクラークに未だ捧げていないためにその趣向は濃い方にばかり進んでいる
・・だが、双方に愛があるから関係ないと承知の上だとか
本来ならば片方しか習得できない高位の暗黒魔法と神聖魔法の両方を使用でき
一部から『魔人の仔』と呼ばれ危険視されているが本人に自覚は全くなくその心当たりもないようだ

○ミィ
黒髪 褐眼
装備 ミィのろざりお ミィのれいはいふく 星詠の眼帯

術 簡単な回復魔法

ユトレヒト隊の拠点で暮らす猫人の少女。
生まれつきの病気で全盲になっており不幸な生活をしてきたのだがセシルの誘いにより彼らの家族になった
その後クローディアの手ほどきにより『心眼法』を学び健常者となんら変わりがないほどまでに上達している
そう簡単に会得できるものではないのだが知識の吸収には才能があるようでキルケから教わった
簡単な回復魔法をも学び行使できる
同じく生活を共にしているメルフィとは姉と妹のような関係であり悪戯好きながらも優しく接するメルフィに特に慕っている
性格はとても明るく無邪気、「ミィ」というのが口癖

○マーチス=サンダースJr
黒髪 黒眼
装備 司祭服

ユトレヒト隊の館一帯の土地を所有している地主。
寂れた教会に一人暮らしていた若い神父であり彼らを招いてからは生活も向上してきた
素性は謎に包まれていたが実は軍国シュッツバルケル出身の竜騎士で「竜帝」と呼ばれるほどの名将軍だった
しかしとある一件で愛竜や部下を亡くし自身も重傷を負って以来は国を離れ静かに暮らしてきたらしい
大人しい性格で軍人時代も荒い事を好まかった
同僚であり現在シュッツバルケル国再建に向けて奮闘しているミネルバとは文通をしており
及ばずながら彼女との力となろうとしている
現在はミィの親のような役目をしており影は薄くても彼らの生活を見守っている心優しき聖人

○メルフィ
桃髪 碧眼
装備 祭具『神楽鈴』 祭具『鳳凰扇』 紅巫女衣装 赤足袋 乗竜用手綱

エンブレム 虹色魔方陣に浮かぶ黒鋼飛竜

技 竜形態変化
  四大属性魔法弾
  最大加速術
  障壁特攻
  竜波(ドラゴンブレス)
  フルパワー竜波

戦法 人形態でもそれなりに戦えるのだがその本領は飛竜形態。強力な魔法弾を駆使して接近するのも困難
   しかしその真価は接近戦で怪力で相手を吹き飛ばしたり叩き潰すのが得意。アミルに比べて高速飛行、近接格闘が得意で
   自身の生えている角に魔導障壁を展開しての超高速での体当たりは超絶な攻撃力を誇り
   砕けない物はないっと本人は胸を張っている

ユトレヒト隊に所属する少女、高位飛竜族の竜人でその中でも族長の血を引いている
その特徴は他には見ない立派な角で額から生えている事でどうやら骨で出来ており非常に固い
本来の姿は人を背に乗せれるほどの大きさの竜形態で生活のしやすさから人の姿をしている。そのため背中には小さな翼がついている
自分が高位飛竜族の竜人であることに誇りを持っており性格はやや傲慢、
しかし同年代の友人がいないために本当は寂しがり屋でそのため肉親である族長には甘えている
だが見た目は子供でもすでに相当な長寿でその知識はかなり豊富、
だが一般的な知識は偏っており特に性知識は皆無で未だに「コウノトリさんが運んでくる」と教えられていた
同じく生活を共にしているミィと仲が良く傲慢な姉としてミィに色々と知識を披露しており
ミィが驚く姿を見るのがかなり嬉しいらしい
一族の中で唯一東国の修道士「巫女さん」の衣装をしているがこれは自分の趣味らしい


○アミル
紫髪 碧眼
装備 銀の鞭 漆黒のドレス 乗竜用手綱

エンブレム 槍を覆う竜翼

技 竜形態変化
  四大属性魔法弾
  魔法弾連射
  魔法同時詠唱
  炎術特攻『イグニッション』
  竜波
  フルパワー竜波

戦法 メルフィに比べて魔法戦を得意としており融通の利く飛行にて相手を翻弄しつつ遠距離攻撃で殲滅する
   背を預ける者のサポートでメインで自らでしゃばる戦いをせず的確に指示を従い総合的な力ではメルフィに劣るものの
   その性格を活かした戦いにて同等の力を発している
   遠距離攻撃主体の中でもロカルノに教わった炎術にて炎を纏った状態での体当たり「イグニッション」を体得しており
   一点突破の戦術もこなす

ユトレヒト隊に所属する淑女、メルフィの世話係でいつもニコニコ優しい知的な女性
同じく高位飛竜族の竜人だがその本性とは想像もつかないほどおっとりとしており何かあるとオロオロ慌てている
肉親がいない事に心を痛めていたのだがメルフィや新しい家族に至極満足している
家事などを全てこなすしっかり者さんでメルフィの良き理解者。
常識的な性格で周りへの気配りを忘れないが胸元が広く開けている漆黒のドレスを愛用していたり
結構胸がおっきかったりと性格に似合わずおいしそうな体つきをしている 
また、自分の背を預けるパートナーであるロカルノに色々とアドバイスを貰ううちに彼に対して淡い想いを抱くようになる
それがセシルの目に止まり策略にあったのだが結果的にはロカルノに想いが通じ体を合わせることになった
限りある彼との時間を大切にしつつ、仕えるべき主が他にいるのに彼に忠誠を誓っている強い女性


鉄十字艦隊
聖礼都市ウィンヒルに設立された私設軍隊。
巨大な戦闘船を20隻所有しており一国の軍隊と匹敵する力を持っている
どれも最新鋭でありその金の出所も謎に包まれている

○ソシエ=ローズ
金髪 碧眼
装備 白い特注スーツ 専用レイピア

技 とにかく殺る

戦法 桁違いの実力を持ち大抵の相手はその拳の神速突きにより倒される。
   その姿だけを見ると格闘がメインと思われがちだが実は本来のスタイルは剣術。
   自慢の装飾が施された煌びやかなレイピアを持ち拳の時以上の突きの速さを誇る
   それゆえ剣を手に持つともはや手加減ができないために彼女が剣を取る姿は一部の人間にしか見られていない

『アイアンローズ』『鋼の薔薇』とも言われ彼女の住む一体の全ての悪にとって戦慄を覚えさせる存在となっている
彼女に睨まれた悪党は一度は見逃してもらえるが二度目は一切の手加減をせずに滅せられる
女傑の名に相応しい女性にて暇つぶしに海賊狩りをしている。
それで得た資金を元に自ら私設艦隊まで所有するようになった
その行いからしてかなり血も涙もないと思われがちだが奴隷位置で身売りされている獣人を保護し自分の屋敷で働かせ、
良い相手がいたならば寿退社させるなどその実はかなりの人情家。
しかし彼女の家に勤める際に必須となっている「御奉仕」による快楽が忘れられず中々退社するものはいない
獣人達からは正しく主人として崇められている分ウィンヒルでは変わり者として見られている
結構な男食いでどう考えても異常な力を持っているのだがその素性を知るものはいない

○ローズ new
金髪 碧眼

『荒麗しき淫闘の薔薇』と恐れられた女魔将。
混沌深まる魔界にて珍しき武闘派の淫魔であり産まれの地一帯を統べた実力者。
使い魔にウィンクを引き連れ周囲の安息のために暴れ回った女傑であり
その実力は魔界で今なお語り草となっている
自身から他の領土を攻める真似はせずにあくまで自衛手段として戦っていた。
ウィンクのサポートとローズの実力、そして周囲の協力により小さな領土ながら最後まで侵略の手は回らなかった
それにはローズの単独での陽動や誘惑の功績が多くその名前は伝説とまで言われている
最後まで勝ち残った将が領土に害が及ばなさい事を誓ったが故に領土を差しだす
以後は殺伐とした魔界に飽き飽きとしたのか人界に生活を移す事を決めた
フェイトの協力により無事人界に移住をし、禁忌と呼ばれる人化の法を行使してウィンクとともに世界中を回る
後に時の大英雄王と燃えるような恋愛をしてその子を授かる
だが夫には自分が淫魔であることを伝えてはおらず、その生活を乱してはならないとし彼にわざと突っかかり別離
以後遠国に流れ着き娘ソシエを産んだ。
娘には父の事を伝えずそのまま普通の子供として育てる、しかし娘が自分の身を守るために
ローズの血とその情報は継承させており格闘まがいの事も教えていた
長い金髪が特徴で頭には二つ角を持つ美女、背に蝙蝠に似た翼を尻に長めの尾がある
抜群のプロポーションを誇りラバースーツにも似た露出の激しい黒衣装を着用していた
因みにローズは通称で正式名称は不詳、相手の返り血がまるで薔薇のようであったことから付けられ
本人も気に入っていた
人界にて自由気ままに生きた後に大往生、生前の彼女とソシエの関係は今のソシエとセシルの関係に酷似していた


○ウィンク new
紺髪 褐眼
装備 ウィンク専用執務服 鉄十字のレイピア

技 ソシエ流護身剣術

戦法 有翼人ということを利用した華麗なる空中殺法を得意としソシエ譲りの剣術にて高速の一撃を得意とする。
   また戦闘時にはシンガリや牽制の任に就くことが多くその際には正しく一撃離脱の超高速一点突破を行う

『死翼の戦女』と呼ばれたローズの使い魔
現在はソシエの屋敷に勤める女獣人執事にしてメイド長。
冷静沈着で死の淵にいても冷静さを崩さない女性であり
経緯は不明ながら初代ローズに仕え身も心も捧げている。
混沌深まる魔界の中でローズの右腕としてそのサポートを行い冷静な頭脳で突っ走るローズをたしなめる事もあった
使い魔は実質的に主の身の回りの世話をする存在として定着されている中
前線に立ち自身も戦闘を行った
主と共に戦う使い魔は珍しくその強さもあってウィンクの名はローズとともに知れ渡り特に使い魔の中では
伝説の使い魔とまで言われるようになり、最強、最速の使役者として広く名を知られる
その後はローズと運命を共にし人界に降り立つ。
ローズが人化した事に対しウィンクは魔力の不足から半人半魔の存在となり有翼人として身分を隠し生きている事になった
ローズよりも寿命が長くなってしまったが故に彼女はローズの娘に仕える事を決めソシエの相棒として第2の人生を歩む事になる
しかし、ローズとして覚醒したソシエはウィンクの事をしっかりと覚えており依然と変わらぬ態度で迎え入れた
その時ばかりはウィンクの目にも涙を浮かべたと言う
以後、ソシエのサポートをしつつメイド長となり素性を隠して孤児である獣人女性達の教育を行っている
「鳥」の使い魔でありその姿は今の昔も変わりはない。本来の得物は細身の槍であり投擲を得意としていた
現在では剣に得物を変えるもその高速で華麗なる飛行は変わっていない



○ウサミミ
桃色髪 緋眼
装備 屋敷のメイド服 鉄十字のレイピア オーダーメイドのバニー衣装

ソシエの屋敷に勤める女獣人メイド。
人界では珍しい兎人で大きな兎の耳が特徴。
非常に寂しがり屋で相方のポチと常にペアになってソシエの身の回りの世話をしている
性格的にソシエのツボを押さえているためよく夜のお世話も担当されるのだが
無限に近いソシエの性欲の処理をするために一度寝床を共にしたら数日仕事をできなくなってしまう
元は孤児でソシエに拾われウサミミと命名された
戦闘時には旗艦の操縦を担当している

○ポチ
栗髪 褐眼
装備 巨乳用メイド服 鉄十字のレイピア 服従の首輪

ソシエの屋敷に勤める女獣人メイド。活発な犬人女性でメイドの中でも一番の巨乳さん
ウサミミとコンビでソシエの身の回りの担当をし料理が得意。
昔は性奴だったために男性恐怖症気味で現在の環境に非常に満足をしている
ポチという名前はソシエが付けたものでウサミミ同様本人も満足している
巨乳ワンコということでソシエのツボを付いており夜のお世話も担当している、
その際は専用の首輪をつけられよつんばにされて意地悪されているのだがそれが非常に良いのだとか・・


鍛冶工房HOLY ORDERS
ハイデルベルク国内にある小さな町プラハで営んでいる小さな鍛冶屋
完全オーダーメイドで店の展示品は最低限のものしかないがその出来は素晴らしく口コミで国内に広まっている
しかしその仕事は犬人鍛冶師リュート一人で行っているために仕上がりまでには時間を要する
その覚悟さえできれいれば満足する得物を持つことができ納入に時間がかかってもキャンセルする客はほとんどいない

○リュート=ボーマン
栗髪 褐眼
装備 魔槍銃『ブリューナク』 実弾回転式拳銃『新生法皇』破壊光弾式拳銃『真女教皇』

技 新生法皇『ストロングショット』
  真女教皇『スネークショット』
  二丁銃『ブレットダンス』
  ブリューナク『シルバーブレット』
  神槍銃変換『ノンリミッターフルバーストショット』

戦法 距離を開けての銃撃戦のみ。しかしその腕は性格で本職を疑うほどの命中精度を持つ。
   実弾と魔法弾を巧みに操り切り札としてブリューナクの一撃を温存している。

HOLY ORDERSの主人。
名匠としての誉高いミョルキルの一番弟子で難儀な性格のミョルキルの元で修行を積んだだけにその腕は優秀
ある程度の実力を身に着けたのち武者修行ということで旅に出た際将来のパートナーとなるシャンと出会う
そんな中『金髪の悪魔』に襲われた事をきっかけに彼女に勝つ武器の構想を練り出した。
ミョルキルからの免許皆伝の祝いとして小さな店をもらいかなりの若さで一国一城の主となる
材質と精錬方法にこだわりを持ち加えて柔軟な発想を持っているのでその作品は安定している。
金髪の悪魔に勝つために色んな武器を試作しておりパートナーであるシャンもそれに付きっ切りになっている
シャンとは良い関係なのだが婚約などはしていない。
しかし一生のパートナーと誓いあっており忙しい日常に満足している
因みに自分の作品の幅を広げるために知り合いから武器、
防具の情報を聞きそれを書物に記した物を店のカウンターに展示しておりそれがかなりの好評となっている。
純粋無垢な性格で仕事馬鹿、女性の扱い方を知らないお子様なのだが発情期を迎えると日頃のご無沙汰をド返しする
攻めでパートナーの腰を砕いている

○シャン
黒髪 黒眼
装備 魂の篭手『魂応器』 魔導霊鎌『カラミティテラー』 アサシンクローク 

技 高速暗殺術

戦法 防具を一切つけない代わりに獣人ばりの素早さで的確に急所を切り裂く戦法を取る
   
HOLY ORDERSの看板娘。
リュートの将来のパートナーで町の元気なお姉さんと言った雰囲気だが昔はアサシン組織の人間で性奴戦士だった。
その生活から逃亡している際にリュートと出会い自然と結ばれていった
彼のおかげで人としての生活を手に入れ幸せな毎日を送っている
アサシン出身ということで武器の扱いには精通しており接客だけでなく
リュートが造り出すあらゆる武器の試し切りをも担当している
それゆえどんな武器も自在に扱いこなせ優秀な戦士だと言える
かつては胸と股間のみを隠す服装をしていたのだが現在はきちんとした町娘の格好、髪もきちんと伸ばし女性らしさがでてきている
しかし彼のためならばいつでも昔の自分に戻る覚悟は出来ておりそのために戦闘用の服装は今でもきちんと残している
天敵セシルと同じ町で暮らすことになっていらい彼女の動向を探ることが日課となっており
厳重かついかなる状態にも備えた『対セシルマニュアル』というものを裏で作成している・・らしい・・
リュートが発情期を迎えるとそれこそ息も絶え絶えな日々が続きたまに店が閉まってしまうほどになるのだが
何気に本人は満足しているらしく発情期ようの道具(栄養ドリンクやら腰痛用の湿布など)を備蓄していたりもする

○フィアラル
???
装備 鷹の爪 鷹の嘴

技 破壊光『ブラストドライブ』
  鏡羽根『リフレクト』

戦法 高速飛行による死角を突いた攻撃を得意とする。
   また自分がでしゃばらずに情報収集や後方への援護なども行い
   必殺とも言える『ブラストドライブ』をいつでも発動できる状態で戦闘をこなす

リュート達の家族である鋼の鷹。
不滅金オリハルコン・破魔銀ミスリル合金の身体で体内には微粒子の不滅金オリハルコンを触媒とした
光血(フォトンブラット)を使用している
リュートと遠国の親友であるディオールの二人で創り上げた傑作で正しく鋼の鷲に相応しい姿を持つ。
主人であるシャンの命令に忠実で造り手であるリュートでさえ命令で襲ったこともある
何気の女性には優しい・・ような素振りがあり子供は趣味じゃないらしい。
現在はHOLY ORDERSの家族の一員として自由に跳びまわっている。
仕事と言えばセシル襲撃時に彼女に対する切り札であるロカルノへの緊急スクランブル役ぐらい・・
それ故店のあるプラハの鳥の世界では正しくドン、
誰にも目撃はされなかったが銀の焼き鳥を食うと意気込むセシルと死闘を繰り広げたこともあるようだ


フィン草原都市群自衛機構
大草原に点在する草原都市の防衛を担う組織で草原都市内での一大ネットワーク。
1チーム数人の傭兵達がローテーションで都市を周り魔物や盗賊などを退けている。
都市間の移動は馬を使用するがそうすぐに到着できず大変と言われているが
個々の都市に自衛団を構えるよりも都市同士の情報を共有することで安全性を高めようという意思があり
その職に就いている戦士達は草原の民から尊敬されている

ナンサ=ファク
黒髪 黒眼
装備 秘剣『ナズ』 ルザリア騎士団正式採用サーベル『ファインエッジ』 ファク族戦闘衣

技 民族剣術

戦法 基本的な道場剣術の使い手で防具を使用しなく素早さを生かした戦い方をする

フィン草原の中でも数十人しかいないファク族出身の女剣士。
野盗により家族を皆殺しにされ唯一の生き残りになってしまいそれで心を痛めていた。
しかし偶然出会ったスクイードとシトゥラに励まされ野盗掃討を果たした
その後自衛機構に身を寄せ都市群の各地の守備を担う存在となった
最前線に立つ女剣士は組織の中でも珍しく草原の民の中でも一際憧れが強い存在までになった
スクイードとの親睦に貰ったルザリア騎士団のサーベルの愛用しており
秘剣『ナズ』は切り札として使用している

ホクト=ファク
金髪 碧眼
装備 クックリ刀 短弓『ナタク』 革の鎧

技 民族弓術 乗馬剣術

戦法 馬に跨っての弓術を得意としておりその狙いは百発百中、
   扱いやすいが飛距離が短い短弓を扱い馬の機動性を利用し素早い連撃を行う

傭兵家業を生業に各地を転々としていたフィン草原都市郡の遊牧戦士
自身の出身であるファク族が全滅したのを機に同じ過ちが繰り返さないようにと傭兵家業をしながら小さな村の護衛に就いていた
その中で死人であるアンシャルと出会い彼女を救う旅に出る
その結果、奇跡とも言える出来事が起こり無事アンシャルを救う事ができ
以後は生まれ故郷である草原へと還り自衛機構に協力するようになった
愛馬「トゥクル」にまたがり短弓で射抜くホースメンでその腕はファク族で右に出るものがいないというほど
愛嬌のある顔で長めの金髪が特徴で草原の民に金髪はいないのだが彼は遊牧民とは違う女性を母に持つために髪色がこうなった
ナンサとは同じ里を持った同族なのだがファク族が壊滅した事で二人とも
生き残りはいないと思っている事に加えローテーション制が特徴である
自衛機構のシステム故に未だ二人とも顔を合わしたことがない

アンシャル
白髪 碧眼
装備 自衛団制服

かつては発掘家として世界を歩き回っていたのだがその中偶然見つけた
古代知識の結晶である「生きる剣」を発掘してしまいその運命を一変してしまう
命を失い抜け殻のみとなりながら自分を殺した者を探し続けその中でホクトと出会い無事目的を果たす
剣の力で死にながら生き、彼を愛した。
その願いが通じたのか一度死んだのだが蘇生し今では元気に生活できるようになった
以後は彼とともに旅をし自衛機構に参加するようになる
直接的な戦闘はできないのだが危険な発掘現場に立ち入っていたために
回復薬の調合などの知識は豊富で自衛機構の面々の縁の下の力持ちとなっている
ホクトと仲睦まじく夫婦のように見えるのだが彼女の壮絶な半生は周りには知られていない
そろそろ結婚をしようかと二人で相談をしているのだが色々な都市を巡っているために
もう少し落ち着いてから・・っと延期されている


アンノウン
正体不明の者達、目的などは一切わからないが人的には有害な存在なのかもしれない


○ゴッド筋肉男
スキンヘッド ???
装備 はーとまーくな白シャツ ピチピチな短パン

技 強姦
  ウィルス(?)感染
  ハイパー猫だまし
  超空拳
  愛の結晶球『ラヴ・アンド・ピース』

戦法 すべてにおいて桁外れ、爆発的な踏み込み、全てを粉砕する鉄拳、何者も傷つけない鋼の筋肉と正にゴッドな筋肉を
   武器に一方的な残虐を繰り出す

正体不明の筋肉男、逞しく芸術的な肉体を持っているが本質的には「女」
正しく最強の存在なのだがその素性は謎に包まれている。現在表立ってわかっているのは
・美男子を狙い都市を渡り歩いてる
・一度狙われたら逃げ切る事はほぼ不可能
・襲われた被害者の一部は同性愛に目覚める
・男女が愛し合う姿を見るとすごく怒る
っとどれも異常であり真の変質者といえる。最後に目撃したのは希望都市シウォングでそこでも被害を出したが何とか撃退する事に
成功、以後の被害情報は入ってきていない
しかし実は情報は表立っていないだけで昔からこの筋肉男の被害は続いてきており裏での国家間の指名手配犯になっている
どの国も表立って言わないのはやはり「変質者一人に言いようにされた恥を晒したくない」っということなのだがどうやっても被害を
食い止められないので声明を出さずに各国、極秘裏に情報が行きかっている
史上急激に出生率が下がった年は彼(彼女)が猛威を振るった年と考えられる。

○ベアトリーチェ=ゴージャスブルー
蒼髪 碧眼
装備 仕込み短剣『グリップファントム』魔石銃『エレメンタル』

プラハに程近い森の奥深くで生活する女性
その正体はかつて某国で宮廷にまで仕えたとまでされる天才錬金術師。
「錬成」「生成」に関してのスペシャリストで彼女でないと作れない鉱石、魔石も多々ある
国にいた頃は最重要人物とされていたが彼女は国に仕える気はさらさらなく軍資金目当てで
参加していたゆえにしだいに歪が生じ、喧嘩を吹っかけておさらばした
現在は魔石や鉱石の錬成で生計を立てているがその金額は非常にでたらめ、しかも客の態度が悪いと
欠陥品を送り込み手痛いしっぺ返しを食らってしまう
それでも、稀少な金属求め今でもたまに彼女の元へ依頼する人は耐えない
女性とは思えないボサボサな髪にグルグル眼鏡を愛用し、いつでもどこでも白衣を着ている
おおよそ女性とは思えない外見だが素顔は絶世の美女
その割には性格は偏屈の塊といった表現がピッタリで実はベアトリーチェと言う名も偽名
現在は二体の女性ホムンクルスを生成し、メイドとして家事に従事させており自由気ままに愛玩用キメラや性戯生物の生成を行っている
・・因みに、かなりの産卵、出産マニアで自作の生物の卵を自ら腹の中で孵化させ楽しんでいる危ないお方
ひょんなことでプラハの名店、HOLY ORDERSの注文を受けた事からお得意さんとなり
かなりの高額になるのだが特殊魔石の錬成に一役買っている
店主リュートはその事情から護身用に握りを二分割し、鎖を仕込んだ特殊短剣を寄贈し、ベアトリーチェはリュートの
銃を見てその剣とともに魔石の能力を発動させる銃の開発を依頼した(タダで)
因みに魔石銃は魔石の力に指向性と威力の集中のみを目的としているために銃の形になんら意味はなかったりもする 

魔術都市アルマティ
ハイデルベルク国の遥か南に浮かぶ島そのものを都市とし、魔術の発展にのみ執着をしていた
それゆえに国としては成立していなく魔術発展の象徴である「アカデミー」が島の掟を決めていた
だがレイアードの暗躍によりアルマティ全土が壊滅的な被害を受けその体制はほぼ崩れ去った
一部の志ある者がアルマティを救い現在はレイアード勢を追い出した組織「ナイトウィザーズ」と
前体勢をそのまま引き継いでいる「搭」と分かれている状態になっている

○ウィズダム=マキナス
藍髪
装備 騎翼機ストームブレイカー 魔導砲剣(ストームセーバー)
   撃構盾「ストームスタンダー」 戦術装甲『ストームブレイカー』

技『加速増幅(ブーストアクセレイト)』
 『偽装(カモフレイト)』
 『障壁(シールド)』
 『雷撃襲(ライトニングブレイカー)』
 『魔弾(フォースブリット)』

戦法 打撃系から投系までをそつなくこなしまた魔導砲剣からの狙撃能力も高く
   総合的な殲滅力に優れている


魔導機人ウィズダムを基に、新たに誕生した超機人(マシンナリー)といえる存在。
一見、色白肌藍髪でも何処と無く炎術講師ヒミカと姉妹のように似て、
それでも違い儚乳細腰安産尻のスレンダーなモノノフ美女である。
其の実体は霊液『輝ける霊血』から造った人造細胞「マシンセル」で出来た
不老の肉体をもつ「人間」そのもの。
もはや細胞単位で人の模造であるため人と変わらぬ生体反応を有しているが
一から模造の存在であるため外感覚意識領域の認識がなく、魔法は殆ど使えない。
能力的には見た目と違い歴戦戦士並であるが、
某仮面騎士みたく魔導機人へ位相変身することで強力無比な戦士へと成る。
尚、四肢のみなど部分変身も可能。戦闘手段は、人状態ではクロムウェルの打撃系やライの投系が中心。
魔法は人状態の時のみ、予め登録されたものから『メモリー』の許容内で使用可能。


○バラットバート=リー
黒眼
装備 魔杖『千樹枝』 紅陰陽道着

術 炎術『炎縛符』
  炎術『炎風』
  炎術『符陣烈破』
  炎術『屠(ほふる)』
  高位炎術『紅蓮朱雀』

戦法 強力な炎の術を自在に操る。また我流ながらも棒術を取得しており軽く相手をさばく事もできる
   熟練の経験からして常に戦闘の状況を把握し、魔力切れがないような巧みな戦いをする

アルマティの最高峰法王の称号を持つ凄腕魔術師『烈火の法王』と呼ばれるほどの炎術師
サバサバした口調で周りを気にしていなさそうに見えるのだが教え子への愛情は忘れない
カムイ周辺の出身か独特な赤い道着を着ておりどちらかというと陰陽師に近い。
法王という称号にはそれほど意識はしていなく
どちらかといえば術師であることに誇りを持っている
そのためアルマティの講師を辞めた後は大陸を渡り興味がある術や学問を習得しようとふらついていた
アルマティを襲った一件によりその後は地方を回ることをやめアルマティに滞在しつつ復興と今後の行動の手助けをしている
使用する術はどれも強烈なもので対多数を想定した熱波や爆炎を使用する事が多い
だが一点集中し炎の槍を造り焼き刺す『屠』のように一対一の相手にもぬかりなく
総合的な戦闘能力は高い
ニース村自衛団で働いているタナトスは彼の教え子でアカデミーでの生活を支えてあげた経緯を持っている

○ヒミカ=ウェスティン
緋髪 緋眼
装備 術字のターバン、炎術黒法衣

術 炎術『さ〜くるふぁいあ』
  炎術『だんしんぐぶれいず』
  炎術『えくすぷろ〜どこんぽ』

戦法 何故か一対一に対する攻撃手段をもっていなく使う術は全て広範囲に被害をもたらすものばかり
   それゆえ一度彼女に火がついたら全く持って手がつけられない状態になる

アカデミーの炎術講師、
リーがアカデミー講師だった時には彼の助講師として暮らしていたが彼が辞職するのを気に見事講師に昇格した
褐色の肌に紅ラーメン髪が特徴で頭半分をターバンで括っている。
すでに三十路を超えているが童顔なためにぜんぜんそうには見えなく顔に似合わずかなりの巨乳。
そのため、黒法衣の上からにもクッキリとその形が浮き上がっている
目が細くいつも微笑んでいるように見え、殺伐としたアルマティの人間とは思えない
性格も天然でおっとりとしており、言う事を聞いてくれないとすぐ泣き出し手当たり次第魔法を連発する
・・そのため、彼女の生徒はその行為を『発作』とし被害が出る前に彼女の魔法の発動を相殺する事に
尽力を注いでいるために詠唱妨害や術式消滅などの魔法が得意になっている
使用する魔法が広範囲に被害をもたらす代物なために生徒からは『火薬庫(アーセナル)』のコードネームすらあった
先の「レイアード暗躍事件」ではリーの指示により生徒の避難を任されたのだが
アルティメットウェポンを倒して名を上げようとする生徒に対し『発作』が起こりドサクサに紛れて
街を少々燃やしたのでその後始末に終われ助太刀できなかった
術師としては法王候補にも名が出るほど優秀なのだが本人は全くその気はなく講師の職に誇りをもっている
またレイアードによりアルマティを占領された際に心と体に傷を負いその記憶を封印していたのだが
それも見事に克服し以前にも増してウィズダムに甘えるようになってしまった
泣くと「シクシク・・」っと言うのが癖

○フォン=クロウ


英霊の魔眼とも呼ばれレイアードに対する抵抗組織『ナイトウィザーズ』の初代団長 
先のレイアード占領事件で隻眼となったフォンが失った眼の代りに
ディ&リュート製 球状魔石の義眼を得た。その力は凄まじく、遮蔽物を通して全てを
見通すのみならず送られる情報で脳をクロックアップさせて予知的な超人の行動までも
可能となったが、その負担も生半可でもないので普段は眼帯でその眼を隠している。
それでも、その眼の御陰か使っていない状態でもアルマティ出身ではありえないクラスの
歴戦の魔法戦士となった。英霊の魔眼を使えば誰でもこうなれるわけではなく
個人への調節以上に当人の「覚悟」が求められる代物。
警備員という役職の影響もあるのか比較的統率力もあり団長職も合っているようだ
因みに、眼からレーザーなんて真似は出来ないが実装を想定して義眼が作られたらしい

○シオン=センラ
黒長髪 黒眼
装備『機導戦略(アームドタスク)スパナ』

魔導機巧士の女性。
普段は黒の長髪をアップで纏めツナギ姿と女らしさの欠片もなく
常に煙草をくわえ、乱暴かつ酒豪。それでも器量は良くその気になれば化けれる
東方出身なのだがその気配は微塵も感じられないし本人も愛国心なんてものは欠片もない
ウィズダムや彼女・その武装を造ったディ,リュートを始めとするチームには
好印象を持っており、例の事件の際にはレジスタンスで自身も魔導機巧鎧
(パワードスーツ)を駆って戦いに活躍した。因みに、男女関係には疎い・・・というっよりかは
「巨大ロボットこそ ロ マ ン(うっとり」と豪語し、爪が機械油で汚れた女傑。
ナイトウィザーズでは魔導機兵開発整備長に済崩し的に落ち着き「姐御」と呼ばれる。
 得物は、『機導戦略(アームドタスク)スパナ』。一見等身サイズなスパナだが
内臓機巧アーム,工具器具の塊であり、最大展開時ならアルマティ製魔導機兵半壊を
1刻程で修理可能(正し、パーツが揃っており扱う者にそれだけの技術があれば)。
その質量強度で鈍物凶器でも活用可だが、アーム展開でワサワサと迫ってくる様は恐怖。
リュートの手によりアルマティ製魔導機兵整備用機具として完成したが、彼女の手により
まだまだ発展途中。ナイトウィザーズでコレの劣化版を持っている整備員は多い


レイアード
世界の各地に幾度も拠点を置く裏の組織。
魔術者崩れの者が多く集まり貴族達が自分の栄光を永久のものにするべく極秘裏に作られた魔法都市
貴族の欲望を適えることが第一の目的で人体実験や禁呪などを平気で行っている
大方は人里寄り付かない秘境の地下に都市を築いているとも噂されているが実際に確認した者はいない
不老不死などの実験を行っていると魔術都市アルマティの学者は分析しているが
先のアルマティ襲撃などの一件からして必ずしもそれのみで行動を行っているようでもないと
考えられている
常に水面下で行動を行っておりその存在が表立つことはほとんどいない
それゆえ、大半の人間はこの都市の存在を知らず、アルマティ襲撃も異例とされており
未だに真意が掴めない状態である

○マスター
レイアードの頂点に君臨する謎の人物、
その素性を知る者はおらず側近でさえその姿を見たことがないと言われている
レイアードで行われる実験や活動の全てを統括しておりマスターの許可が下りなければ
何も出来ないとも言われている
その行動目的は一切謎に包まれており真意を知る者はいないが幾人もの大物貴族を
操り表の世界でも自由にその意志を実行させている

○セフィロト
マスターに仕えるレイアード幹部の一人
闇の魔法も扱う剣士で一連のレイアードの動きには興味を示さず常に一人で行動をしている
卓越した剣の腕とその補助をするにはあまりにも強力な暗黒魔法を駆使し最強の存在として知られている
自らの剣を極めることにのみ執着しておりそれ故関係者が作り出されるキメラウェポン等の異形に襲われることも多いが
全て返り討ちにしている。
無骨そうな白髪の男でその表情は険しく、凄まじい威圧感を放つ
また、黒いコートぐらいしか羽織らず防具などは一切使用しない

○ハロルド=レイギアス
マスターに仕えるレイアード幹部の一人
紫の綺麗な髪が特徴でかなりの美男子だがどことなく違和感を感じる存在。
彼も直接はレイアードの動きとは無関係に動いている
マスターに一番近い存在と囁かれているがその真意は不明で彼自身あまりレイアードには立ち入っていない
白い法衣のような服装に半透明の刃を持つ『天龍双牙』を持ち
傭兵として各地を転々としているようでその姿は何かを学習しているようにも見える

○グノーシス
マスターに仕えるレイアード幹部の一人
マスターの意志の代行人としてレイアードを動かす代行者で一見すると年老いた魔術師
延命魔法や呪殺など腹の黒い貴族にとっては喉から手がでるほど欲しい法を得意としており
それを完璧なものにするため日々貴族に術の提供し見返りに資金と実験素体として奴隷を貢がせている
人としての情を一切持ち合わせておらず結果が全てな冷酷な人間
それはレイアード関係者も同じで彼にとっては同志であるはずの研究者も同じ実験素体としてしか見ていない

○ミヒャエル
マスターに仕えるレイアード幹部の一人
幹部の中では紅一点でありグノーシスに近い学者魔術師
人造人間の製造を得意としておりレイアードの劣兵として戦闘ホムンクルス『マリオネットヴァルキリー』を作り出し
それを活用させるプラン『コードMV(ムーヴァ)』の草案者
結果、MVプランが採用されて大量生産されることになり彼女は研究室に篭りながら新たな生命の生成に取り組んでいる
過去にレイアードの最高傑作とも言われたファラ=ハミルトンを育てた一人として今でも執拗に彼女にこだわる
それ故作り出されるホムンクルスは全てファラに似ておりその人形に狂った愛情を注いでいる
血のように真っ赤な髪が特徴で露出の激しい水着のような法衣を着込んでいる

○シモン
マスターに仕えるレイアード幹部の一人
礼儀正しく正装の金髪碧眼の優男でありながら嫌悪を抱かせる男。
どこかの貴族の末裔とも噂され身なりは常にピシッと決めている
実働部隊を統括しており彼らにとって興味深い研究の調査や
レイアードの存在に気づき対策を練る者の駆除などその仕事は幹部の中でも多岐に渡る
自らもすぐれた魔術師であるが自分から戦おうとはせずにミヒャエルから支給されるMVを常に引き連れている
物腰穏やかな風貌と言葉使いとは裏腹に血を好み、使う魔法も吸血や血に呪詛をこめ生者を食らいつくものなどが多い